So-net無料ブログ作成

「フィッシャー・キング」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。
1日家にいる予定です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
フィッシャー・キング.jpg
1991年にアメリカ公開、翌1992年に日本公開された、
テリー・ギリアム監督としては珍しい、
現代を舞台にした人間ドラマで、
おそらくテリー・ギリアム作品としては、
一般には最も成功した映画です。

ジェフ・ブリッジスとロビン・ウィリアムス演じる2人の男性が、
ある猟奇事件でそれぞれに身を持ち崩し、
一方は女性のヒモのようになって飲んだくれの日々を過ごし、
もう一方は狂気に陥って、
自分を聖杯伝説の騎士と信じてホームレス生活をしています。

そのどん底の2人がある日ひょんなことから出逢い、
奇妙な友情を育むようになります。
物語は聖杯伝説をなぞるようにして展開され、
誰もが望む、幸福なエンディングが待っているのです。

この映画はキャストが抜群にいいんですね。
ジェフ・ブリッジスもロビン・ウィリアムスも、
2人とも他にもキラ星の如く数々の名作に出演していますが、
この作品が代表作だと言っても、
別に何処からも文句は出ないのではないかと思います。
2人の個性がそれぞれにしっかり活きているのが、
何よりいいですね。
そして、対するアマンダ・プラマーとマーセデス・ルールの、
2人の女優さんが、
非常に個性的で魅力的な相手役のヒロインを演じて、
その見事な演技の競演が、
この作品の最大の魅力です。

テリー・ギリアムと言えば、
破天荒で壮大なファンタジーが代名詞で、
独創的な反面、空中分解しているような作品も多かったのですが、
この作品ではリチャード・ラグラベネーズによる脚本が、
完成度高く既に存在していて、
監督はその物語を活かしながら、
自分のテイストを盛り込んで、
やり過ぎない作品に仕上げています。

多分他にギリアム監督の作品で、
このように抑制的な映画は他にないと思いますし、
ある意味ここまで成功した作品も他にないと思います。

監督、普通の映画も作れるんじゃん!
という感じです。

ただ、ギリアム監督の個性自体は健在で、
広角レンズの斜め構図やスモーク、逆光使いまくり、
「赤い騎士」のゴミの中から姿を現したようなビジュアルなど、
これはもうギリアム監督の世界そのものです。

監督は女性を描くことは基本的に苦手で、
登場する時は「男の夢を妨害する存在」と、
「妄想の中の理想の恋人」の2択になります。
今回もその2つのパターンの女性が登場するのですが、
その造形は役者さんの芝居の見事さも相俟って、
他のギリアム作品とは比べものにならないレベルに達しています。

ただ、ギリアム作品はあくまで男性目線の世界なので、
基本的に「男にとっての女性」しか出て来ません。
それを批判される方もいますし、
それはその通りなのですが、
これはもうこうしたものとして、
許容して楽しめるかどうか、
という個々人の問題なのではないかと思います。

いずれにしてもギリアム監督にしてなし得た、
現代の理想郷を旅する映画で、
ギリアム作品の入門編としても、
その1つの到達点としても、
ひととき、ニューヨークという過去の理想郷に遊ぶことの出来る、
素敵な映画であることは間違いがありません。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0)