SSブログ
前の5件 | -

「神は見返りを求める」(ネタばれ注意) [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で、
午前午後とも須田医師が外来を担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
神は見返りを求める.jpg
昨年の「空白」の感銘と衝撃も記憶に新しい吉田恵輔監督の新作が、
今ロードショー公開されています。
今回も監督のオリジナルの脚本です。

これは「空白」が大傑作なのでとても期待したのですが、
抜群に面白い映画ではあるものの、
監督自身迷いながら、手探りをしながら作っていった、
という感じがあって、
構成にも着地にもまだ揺らぎのようなものが強くあり、
吉田監督としてはまだ完成形とは言えない作品でした。

ただ、今年必見の映画の1本では間違いなくあると思います。

以下少しネタバレがありますので、
未見の方は鑑賞後にお読みください。

子供がなりたい職業の一位がユーチューバーという、
どう考えても正常とは思えない今の社会に、
真向から切り込んでいる意欲作で、
そこで翻弄され自滅する主人公を、
ムロツヨシさん演じる広告会社の中年サラリーマンと、
岸井ゆきのさん演じる新人ユーチューバーが演じて、
後半には心が凍り付くような衝撃的な展開が、
つるべ打ちのように観客を待っています。

テーマはかなり複雑で、
1つにはディストピアとしての、
それもやや間抜けなディストピアとしての、
現在日本を描くということ、
それから題名にもなっている、
見返りを求めない人間関係というものはあるのか、
見返りも代償も求めない愛情というものは、
ただの愚行に過ぎないのか、
という、昔から何度も問い直されている、
人間と愛情との関係を深堀するようなテーマ、
そして、現代がディストピアだとするなら、
アメコミ的な読み替えをして、
この世界を遊んでしまうことも出来るのでは、
という企みです。

他の方も言っているように、
この映画の構造は明らかに「ジョーカー」の影響を受けていて、
ムロツヨシさんがダークヒーローになる、
という余地は映画の最後まで残されているんですね。
ただ、じゃあそうなるのか、と言うと、
映画の中ではそうはなっていなくて、
作り手の躊躇いが、
そこには見え隠れしているような気がするのです。

この映画はそうした異なる3つのテーマを追求しながら、
そのどれかに特化する、ということをしていないのですね。
それがこの映画のやや物足りなく感じる部分です。
昨年の「空白」では、
ちょっとベタな感じはしましたが、
主人公達が新しい人生を踏み出す姿を描いて、
観客もホッとするようなラストに帰着して成功したのですが、
この作品ではディストピアの今後も不明ですし、
主人公2人の関係性も、
何か宙ぶらりんのまま終わり、
ムロツヨシさん演じる主人公が、
何かに変貌することが出来たのかも、
明らかではありません。

それでも映像的には見どころ満載で、
オープニングの趣向も洒落ていますし、
画像の炎上が縫いぐるみの炎上に繋がり、
もっと悲惨な炎上にも繋がる、
という仕掛けも鮮やかです。
もう1つの重要なアイコンは岸井さんの「肌」で、
見返りのために画面の外で服を脱ぐ、
という印象的な場面から、
ブレイクのきっかけとなったボディペイント、
それが幾つか構図を変えて繰り返され、
最後はその肌は悲惨な形で刻印を押されます。

主人公の2人を、
ムロツヨシさんと岸井ゆきのさんが演じる、
というのが非常に豪華で、
ムロさんも勿論良いのですが、
岸井さんの売れない時と売れている時の振幅が素晴らしく、
撮影は2年ほど前とのことですから、
多分この映画に記録されている、
岸井さんの「売れない時の顔」を、
今の岸井さんが再現することは、
おそらく不可能ではないかと思います。
それだけでも、この映画が撮られた意義はある、
とそんな風にも思えます。

いずれにしても吉田監督にしてなしえた、
現代と真正面から格闘した意欲作であることは間違いがなく、
ただ、この作品を通過点として、
監督がよりこのテーマを深化させて、
「空白」に匹敵する傑作を生みだすことを期待して待ちたいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(2)  コメント(0) 

低ナトリウム血症に対するSGLT2阻害剤の有効性 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は金曜日でクリニックは休診ですが、
老人ホームの診療などには廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
低ナトリウム血症に対するSGLT2阻害剤の効果.jpg
Journal of the American Society of Nephrology誌に、
2020年掲載された、
低ナトリウム血症に糖尿病治療薬を、
使用する試みについての論文です。

この時点より臨床応用の研究は進行しているようですが、
検索した範囲では、
これ以降のあまりまとまった論文が、
見つかりませんでした。

SIADHという病気があります。
血液のナトリウム濃度が低下する、
低ナトリウム血症を起こす代表的な疾患の1つで、
通常脳下垂体後葉から分泌される、
ADH(抗利尿ホルモン)は通常の調節を超えて過剰に分泌され、
それによって身体の水分が増加し、
相対的にナトリウム濃度が低下することによって起こります。

原因は様々で、
脳の病気や肺疾患、ADH産生腫瘍や癌、
薬剤の影響で生じることもあります。
摘出可能な腫瘍や薬剤が原因である場合には、
その原因を除去することにより治療が可能ですが、
多くの場合は原因が不明か除去が困難なので、
ADHを抑制するような薬剤を使用するか、
摂取する水分量を制限するくらいしか方法がありません。
ただ、ADHの受容体拮抗薬は、
高額な薬剤である上に、
微調整が難しく高ナトリウム血症に繋がり易い、
という欠点があります。

SIADHの低ナトリウム血症に対して、
もっと安全で使いやすい治療薬が、
求められているのです。

その候補の1つとして、
注目されているのがSGLT2阻害剤です。

この薬は主にブドウ糖の再吸収を抑制することにより、
血糖値を低下させる作用を持つ2型糖尿病の治療薬です。

この薬はブドウ糖と共にナトリウムの排泄も促進するので、
その意味では低ナトリウム血症には、
むしろ悪いように思われます。
しかし、実際には相対的に水分のみをより多く排泄するので、
血液中のナトリウム濃度は、
上昇する可能性が高いのです。

今回の検証では、
SIADHと診断されて血液のナトリウム濃度が、
130mmol/L未満の低ナトリウム血症を持つ、
トータル88名の患者を、
くじ引きで2つの群に分けると、
一方は1日の水分量を1リットル未満とする、
水分制限に加えて、
SGLT2阻害剤のエンパグリフロジン(ジャディアンスを1日25㎎で、
4日間使用して、
もう一方は偽薬を使用して、
4日後ナトリウム濃度を比較検証しています。

その結果、
偽薬群では4日後にナトリウム濃度が7mmol/L上昇したのに対して、
ジャディアンス使用群では10上昇していて、
この差は有意と判定されました。
重度の低血糖などの有害事象は認められませんでした。

これはまだ4日のみの検証ですが、
論文化はまだのようですが、
より長期の臨床成績も発表されているようです。
ジャディアンスが糖尿病の患者さんに以外にも、
比較的安全に使用可能であることは、
この薬が心不全の治療薬としても使用されていることから、
ほぼ実証されていますから、
今後SIADHに対する有効な治療の選択肢として、
そのより実用的な検証に期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

新型コロナウイルスワクチン接種後の有害事象リスク比較 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日なので診療は午前中で終わり、
午後は産業医面談に都内を廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
新型コロナワクチンの血栓症リスク比較.jpg
JAMA Internal Medicine誌に、
2022年6月13日ウェブ掲載された、
2種類の新型コロナウイルスワクチンの有害事象を、
直接比較した結果についての論文です。

新型コロナウイルスの予防のためのワクチンとして、
世界中で最もその有効性が確認され、
接種もされていて臨床データも多いのは、
ファイザー・ビオンテック社とモデルナ社による、
2種類のmRNAワクチンであることは間違いがありません。

現状その効果や有害事象については、
報告により差はありますが、
両者のワクチンでそれほどの差はない、
敢えて言えば、モデルナ社のワクチンの方が、
その効果持続は長く、局所の副反応は強い、
という辺りがこれまでの報告の最大公約数ではないかと思います。

ただ、実際には両者のワクチンを直接比較したような報告は、
それほど多くはありません。

今回の検証はアメリカにおいて、
主に60歳以上の高齢者への接種の大規模データを解析したもので、
2種類のmRNAワクチン接種者、それぞれ216836名を、
マッチングさせて比較したものです。

その結果、
ファイザー・ビオンテック社ワクチンはモデルナ社ワクチンと比較して、
接種後38週間の解析で、
虚血性脳梗塞のリスクが1万人当たり10.9件、
心筋梗塞のリスクが1万人当たり14.8件、
それ以外の血栓症のリスクが1万人当たり11.3件、
腎障害のリスクが1万人当たり17.1件、
それぞれ多く発症していました。

この差をどう見るかは微妙なところだと思いますが、
今後のワクチン選択の判断は、
こうしたデータももとにして、
なるべく接種者本人が選択可能な形に、
どの地域においてもなることを期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0) 

新型コロナウイルス感染に対する細胞性免疫計測法 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
COVID-19の細胞性免疫定量法.jpg
Nature Biotechnology誌に、
2022年6月13日掲載された、
新型コロナウイルス感染に対する、
細胞性免疫の定量法についての論文です。

新型コロナウイルス感染症に対する身体の免疫には、
まだ不明の点が多いのが実際です。

免疫には液性免疫と細胞性免疫の2種類があり、
通常新型コロナウイルス感染の免疫の指標として、
臨床的に使用されているのは抗体価ですが、
これは液性免疫の指標ではあっても、
細胞性免疫の指標ではありません。

そして、この両者は必ずしも同じに動くという訳ではありません。

たとえば帯状疱疹は、
水痘の原因ウイルスに対する、
細胞性免疫の低下により起こるとされていますが、
これは血液の抗体価を測定しても、
推測することは出来ません。

新型コロナウイルスに関しても、
ワクチンの有効性は、
必ずしも血液の抗体価のみでは判定出来ず、
抗体が低下しても、
細胞性免疫が保たれていれば、
感染予防効果は維持されるとする報告もあります。

問題は細胞性免疫の防御レベルを測定することが、
抗体価のようには簡単ではない、と言う点にあります。

今回の論文は従来の方法より、
簡単に施行可能な細胞性免疫の診断法を解説したものです。

この検査法は患者さんの全血を採血して、
それを新型コロナウイルスの抗原蛋白質と接触させ、
その24時間後に産生されたCXCL10という、
細胞性免疫の活性化に伴って単核球から産生される蛋白質の、
mRNAを定量的に測定するという方法です。

この方法は従来より簡単に検査が可能で、
結果判明までの時間も比較的短く、
新型コロナウイルスに対する細胞性免疫のレベルを、
定量的に測定出来るという利点があります。

今後感染症の免疫やワクチンの有効性を判断する場合、
細胞性免疫と液性免疫の両面からの評価が不可欠であることは間違いなく、
そのための非常に有用な検査法の候補の1つ、
という言い方は可能だと思います。

ただ、そうは言っても、
まだかなり手間の掛かる検査であることは確かで、
今後より実用的で簡便な方法の開発に向けて、
研究の進歩を期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

血中循環腫瘍DNAを活用した大腸癌術後化学療法の有効性 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
血中循環腫瘍DNAを指標とした大腸癌術後化学療法の有効性.jpg
the New England Journal of Medicine誌に、
2022年6 月16日掲載された、
大腸癌の術後の補助的な化学療法の適応を、
血液中の癌遺伝子を測定することにより行うという、
臨床試験の結果をまとめた論文です。

大腸癌には0から4までの5段階のステージ(病期)があり、
それにより治療の方針が定められています。

このうちステージ2というのは、
がんが漿膜下層を超えて浸潤するというもので、
内視鏡では取ることは出来ないのですが、
ステージ3のようなリンパ節への浸潤はないので、
手術治療の良い適応ということになります。

手術で癌が切除されても、
目に見えないような病変が、
実際には残っているという可能性があります。
そうした残存する病変が進行すると、
「再発」と呼ばれる状態になります。

その再発を抑えるために、
術後に補助的な化学療法を施行するという考え方があります。
ただ、化学療法に使用する抗癌剤には有害な影響もあり、
現在再発のリスクが高いとされる事例に限って、
そうした補助化学療法が施行されていますが、
その施行により明確に患者さんの予後が改善したという根拠は乏しく、
その施行については議論があります。
その選択が最終的には患者さんに委ねられることもあり、
患者さんが決められずにストレスを抱えるということも、
稀ではないように思います。

そこで術後の再発のリスクを検査で判断して、
補助化学療法施行の可否を判断しよう、
という考え方があります。

その検査として注目されているのが、
血液中の腫瘍由来の遺伝子を検出する方法です。
これをctDNA検査と呼んでいます。
画像診断などでは再発の兆候はなくても、
血液中には癌由来の遺伝子が検出されることがあり、
それがあると高い確率で再発が起こりますが、
それが検出されないと、
その後の再発のリスクは低いと考えられるからです。

そこで今回の臨床研究では、
オーストラリアの23か所の専門施設において、
ステージ2の大腸癌で治癒切除を施行した、
トータル455名の患者をくじ引きで2対1で2つの群に分けると、
一方は術後4から7週の時点でctDNA検査を施行して、
それが陽性の事例のみに補助化学療法を施行、
もう一方は通常の再発リスクの判断に伴う治療を施行して、
登録後2年の時点での予後を比較検証しています。

その結果、
通常治療群では28%の患者が補助化学療法を施行したのに対して、
ctDNA検査施行群ではより少ない、
15%の患者が補助化学療法を施行していました。
2年の時点で再発がなかったのは通常治療群で92.4%、
ctDNA検査施行群で93.5%で、
有意な差は認められませんでした。
ctDNA検査施行群での解析では、
3年の時点で再発がなかったのは、
ctDNA検査陽性事例の86.4%、陰性事例の92.5%でした。

このように、
従来の方法による補助化学療法の適応判断と比較して、
血中循環腫瘍DNAを活用した適応の判断を行うと、
補助化学療法を施行する患者は減り、
その一方で再発の予後には変化がないことより、
無用な化学療法を抑制する意味で、
この方法は一定の有効性があることが確認されました。

術後の再発予防目的の補助化学療法は、
その適応が不明確で、
患者さんに無用のストレスを生じることもありましたが、
今後はより科学的に実証された判断で、
その施行が行われることを期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0) 
前の5件 | -