SSブログ
前の5件 | -

ファイザーワクチン接種後の心筋炎事例(アメリカでの7例報告) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
ファイザーワクチン接種後の心筋炎.jpg
Pediatrics誌に2021年6月1日ウェブ掲載された、
ファイザー・ビオンテック社の新型コロナワクチン接種後に発症した、
心筋炎の事例7例をまとめた症例報告です。

アナフィラキシー以外、
大きな副反応や有害事象の報告なく、
世界的に接種が進行している、
ファイザー・ビオンテック社新型コロナワクチンですが、
最近比較的若い年齢で男性主体に、
接種後数日で急性心筋炎を発症する事例が、
複数報告されて注目をされています。

散発的報告がアメリカやヨーロッパであり、
イスラエルの疫学データでは、
18歳から30歳の年齢層の男性において、
2万人に1例の頻度で発症していると報告されています。

アナフィラキシーの事例は女性に殆どであるのと対象的に、
この心筋炎の事例は男性が殆どという特徴があります。

今回の報告はアメリカにおいて、
ファイザー・ビオンテック社ワクチンの2回目の接種後4日以内に、
急性心筋炎もしくは急性心外膜炎を来した、
14から19歳の男児の事例7例をまとめたものです。

事例1は16歳の男性で、
ファイザー・ビオンテック社新型コロナワクチン2回目接種の2日後に、
全身倦怠感と38.3℃の発熱、食欲不振と上半身の痛みを訴え、
救急受診となった事例です。
心電図で房室解離とST上昇を認め、
トロポニンという心筋由来の酵素が上昇。
MRIにて急性心筋炎の所見を認めました。
新型コロナのRT-PCR検査は陰性、
新型コロナの抗体も陰性でした。
免疫グロブリンやステロイドの治療を行い、
3週間で治癒しています。

こうした事例7例が紹介されていますが、
いずれもワクチンの2回目接種後4日以内に発症していて、
いずれも新型コロナの小児感染事例で報告の多い、
川崎病の基準は満たしていません。
新型コロナの遺伝子検査も全ての事例で陰性です。
5例は症状として発熱があり、
6例は新型コロナの抗体も陰性でした。
全ての事例でトロポニンは上昇しており、
MRIで心筋炎に特徴的な所見を確認されています。
7例全てが回復しており、
そのうちの3例は非ステロイド系消炎鎮痛剤のみで治療され、
4例は免疫グロブリンとステロイドが使用されています。

このように、
現状因果関係は不明ですが、
若年男性でワクチンの2回目接種から数日での発症、
という点で共通性があり、
世界各地で同じように報告されていることから、
日本においても特に20歳未満の男性への接種時には、
注意を払って慎重に経過をみる必要がありそうです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

「キャラクター」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
キャラクター.jpg
菅田将暉さん主役のサイコ・スリラーで、
デビュー出来ずに苦しむ漫画家の卵が、
偶然目撃した猟奇殺人事件とその犯人をモデルに、
描いた漫画が大ヒットするのですが、
そのモデルの殺人鬼が、
漫画家の前に登場して、
漫画通りの殺人を犯す、というお話です。

如何にも漫画原作という気がしますが、
これは漫画の原作などを多数手がける作者によるオリジナルで、
それを娯楽作品を多く手がける永井聡監督が演出しています。

殺人鬼をアーティストのFukaseさんが演じ、
脇は小栗旬さん、中村獅童さん、高畑充希さんが固める、
という豪華キャストで、
これは面白くなるのでは、という期待が高まります。

で、勿論期待通り面白かった、
という感想の方もいらっしゃると思いますが、
僕個人の感想としては、
かなりガッカリの出来映えで、
何でこんな風にしてしまったの、と、
疑問が幾つも浮かぶような作品でした。

以下、ネタばれを含む感想です。

鑑賞予定の方は鑑賞後にお読み下さい。
また、少し悪口の感想になりますので、
この作品を良かったと思われた方には、
不快に感じる部分があるかも知れません。
感想は人それぞれということで、
ご容赦頂ければ幸いです。

では続けます。

これね、
何のひねりもない話なんですよね。
同世代の凶悪犯と漫画家が対決するという、
ただそれだけの内容なのですが、
主人公の漫画家はそれなりに人物像が描写されているのですが、
殺人鬼の方はどんな人物なのか、
まるで分からないんですね。
行き当たりばったりに人を殺しているだけのようで、
4人家族に対するこだわりというのも、
宗教的な団体が絡んだりして、
何かありそうかな、と思うのですが、
結局放り出したまま、終わってしまう、
という印象なんですね。
警察が必死で捜査しても捕まらない、
というのもおかしいですよね。

僕はトリッキーな話が好きなので、
ははあ、これは別の真犯人がいるのかしら、とか、
別人が化けているだけなのかしら、とか、
サイコスリラーで、菅田将暉と犯人が同一人物だったり、
菅田将暉が最後に犯人を殺して、
今度は自分が殺人鬼を引き継ぐということなのかしら、
とか、色々考えるのですが、
そうしたことは一切なくて、
裁判で「私は誰でしょう?」みたいなことを言って、
それで終わってしまいます。

オープニングで結構じっくり主人公の生活を描くのですね。
それから殺人事件に遭遇して、
犯人を見てから、創作意欲が沸いて漫画を描いたところで、
物語は急に1年後に飛んで、
もう主人公は売れっ子漫画家になっている、
という展開なんですね。

これどうなのかしら。
普通はその漫画が大ヒット、というところが、
とても内容的に大事な部分でしょ。
それを描かないのは駄目なのじゃないかしら。

漫画と現実の事件との関連も良く分からないですね。
第二の事件が1年後に起こるのですが、
それは最初に漫画で描かれた事件を、
殺人鬼が自分で模倣する、という展開なのですね。
でも、それだと4人家族に対する偏愛を、
既に主人公が知っていた、ということになりますよね。
それおかしいでしょ。
それに連載漫画が1年続いていて、
事件が1つしか起こっていない、というのはどうなのかしら。
ちょっとおかし過ぎないか、
という気がします。

漫画は「34(さんじゅうし」というタイトルで、
3人の仲間が殺人鬼に対決する、
というお話だと説明されるのですが、
その設定が現実に全くリンクしていないですよね。
それだったら、現実にも主人公の仲間が2人いるのが定石でしょ。
その設定がまるでないのもモヤモヤします。

2回目の殺人が漫画を模倣していたので、
警察官の小栗旬さんが主人公にその疑問を尋ねると、
菅田さんはすぐに真実を話してしまうんですね。
その後で犯人と遭遇しますが、
それもすぐ警察にその通りに話してしまうんですね。

これも普通はない展開ですよね。
普通はね、主人公は警察にすぐ話したりしないでしょ。
自分1人で犯人に立ち向かおうとするから、
こうしたお話にはサスペンスが生まれるので、
すぐに警察に話してしまって一緒に協力してしまったら、
犯人は1人(もしくは2人)だけなのですから、
全然犯人側が不利になってしまって、
スリルもサスペンスもないですよね。
定石を敢えて変えようとしたのかも知れないのですが、
結果としては大失敗であったように思います。

主人公が犯人に遭う場面も酷いんですよ。
飲み屋でまず主人公と小栗さんの刑事が話しをしてるんですね。
そこで小栗さんが席を外して外に出ると、
入れ替わりに犯人が入って来て、主人公をびっくりさせて、
それで犯人が去ると、
今度は小栗さんが戻って来るのです。

こんな展開はちょっと不自然過ぎるでしょ。
演劇なら仕方がないですけれど、映画でこれはない、
という気がします。
これだと刑事と犯人が同一人物か仲間ではないかと、
疑ってしまうところですが、
勿論そんなことはなく、
この展開は単なる偶然で終わるのです。

キャストはFukaseさんが弱いんですね。
顔を歪めて、如何にもサイコ、という感じを表現しているのですが、
怖さや迫力はあまり感じません。
ミスキャストとは思わないんですね。
脚本が弱いんですよ。
もっとこの人物の背景に、
不気味な闇みたいなものが描かれていないと、
ただの道化にしか見えないんですね。
とても残念に感じました。

そんな訳で、
引き締まった「ファーザー」のすぐ後で観たせいもあるのですが、
ダラダラと長い2時間余りで、
切ない気分で映画館を後にしました。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(2)  コメント(0) 

「ファーザー」(フロリアン・ゼレール作 映画版) [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で、
午前午後とも石原が外来を担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
ファーザー.jpg
フランスのフロリアン・ゼレールによる戯曲を、
本人が脚色して監督も務めた、
2020年の英仏合作映画が、
今日本公開されています。

フランスの原作を舞台はイギリスに移し、
主役は名優アンソニー・ホプキンスで、
この作品でアカデミー賞の主演男優賞も受賞しています。
脇を固めるのもイギリスの実力派キャストです。

これは面白いですよ。
傑作だと思います。
上映時間が1時間37分というのもとてもいいですね。
物足りない感じは全然ありませんし、
映画というのはこのくらい引き締まっていた方がいいと思います。

これはアンソニー・ホプキンス演じる老齢の主人公が、
認知症を患って進行し、
娘さんが自宅での介護は困難と決断して、
老人ホーム(ナーシングホーム)に入居させるまでの話です。

認知症というのは高齢者社会における、
最大の社会問題ですから、
映画でも勿論多く取り上げられています。
比較的最近でも「アリスのままで」というのがありましたし、
日本では「明日の記憶」や「長いお別れ」などもありましたね。
ただ、テーマがあまりに重いし、それに身近過ぎるでしょ。
映画というのは基本的に娯楽の要素がないと成立しないので、
認知症を娯楽にする、ということは、
そう簡単なことではなく、
上記の3作品も、その点で成功しているとは言えません。

昔は認知症の患者の奇矯な言動を、
笑いものにして娯楽化する、
というようなことが普通に行われていましたが、
勿論今ではそんな演出はあり得ません。

それから演技の問題がありますね。
認知症に限らず、健常者が病気を演技する、
ということ自体が、
今の感覚ではあまり評価をされなくなっています。

でも今回の作品はね、
如何にもフランスらしい知的な方法論で、
認知症という問題を娯楽化することに成功しているんですね。

それがまずとても凄いことです。

どのようにしたかと言うと、
認知症の高齢者の心象風景、その意識の流れを、
そのままに映像化する、という手法を取っているんですね。

最初に娘が1人暮らしの父親を訪れて、
ヘルパーを追い返してしまったことを怒るんですね。
それが次の場面になると、
今度は1人暮らしの筈の父親の家の中に、
傲慢で尊大な男が現れて、
自分は娘の夫だと言い、
それから娘が現れるのですが、
それは最初の場面の娘とは別人なのです。

こうした矛盾した人間関係が続き、
時には時間は円環のように同じ場面を何度も繰り返したり、
過去に不規則に戻ったりもするのですが、
最初は「えっ、これどうなってるの?」と思った観客も、
やがて、これは主人公の老人の心象風景で意識の流れなのだと気づき、
それから「一体何が幻想で何か真実なのか」と、
考えながらドラマを見守ることになるのです。

ミステリーではないのですが、
ミステリー的に観ることが出来るのですね。
最後にはきちんと伏線は回収され、
1つの真実が浮かび上がります。

心理的な裏付けもとても精緻なんですね。
一例を挙げると、
主人公は娘の夫から暴言と暴力を受けるのですが、
その衝撃を受け止めることが出来ないので、
それを最初は別人の行為として再現するんですね。
その後ではその暴力に至る時間を、
何度も何度もループ状に再生し、
そして漸く現実の理解に至るのです。

この映画の原作戯曲は、
2019年に橋爪功さんの主演で、
翻訳劇として上演されています。
ただ、認知症のお芝居で新劇でしょ、
正直とても観に行こうとは思いませんでした。

観劇レポートを読むと、
頻回の暗転でエピソード的に場を繋いでいる演出のようで、
それであると意識の流れを描くという観点からは、
暗転が時間の経過を感じさせてしまうので、
映画の方が向いているようにも感じました。
ただ、同じ人物を複数の人間が演じて、
同じ舞台で入れ替わるような演出は、
映画より舞台の方が効果的、
という気もします。

翻訳劇の時の評論家の文章に、
認知症が進行して、
最後には自分の名前すら言えない状態になり…
というような表現があったのですが、
舞台はともかくとして、
映画版で観る限り、
その解釈は間違っていると思うんですね。

この作品は認知症の進行を見せているのではなく、
主人公が老人ホームに入った時点での、
意識の流れが描かれているんですね。
その証拠に最初に出て来る謎の人物は、
老人ホームの職員であったという伏線があります。
つまり、この映画は主人公の一瞬の時間を、
永遠に拡大して見せているものなのだ、
という言い方が出来ると思います。

これね、認知症の話である割には、
主人公は結構理知的で明晰な部分がありますよね。
アンソニー・ホプキンスの演技も、
当惑はしていても、
進行した認知症という感じはしないですよね。

それがおかしいのではないか、
という意見もあると思うのですが、
そうではないんですね。

これは魂がある、という立場での認知症論なんですね。
魂があるとしたら、それが劣化してボケる、
ということはない筈でしょ。
だから、明晰な魂が、
認知症のために現実と適合することが出来ずに、
シュールな世界で苦悩している、
というのが今回描かれている世界なんですね。

そうした目で見ると、
アンソニー・ホプキンスの演技は、
その本質を理解した見事なものだと言えるのです。

今回の映画は、
認知症の心象世界を娯楽化した、
非常に精緻でユニークな作品で、
理知的な世界が際立っていながら、
ラストの抒情的な雰囲気も素晴らしく、
全ての映画ファンにお勧めしたい傑作だと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(1)  コメント(1) 

閉経後骨粗鬆症における外傷性骨折の再発リスク [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は金曜日でクリニックは休診ですが、
老人ホームの診療などには廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
外傷性骨折の再発リスク.jpg
JAMA Internal Medicine誌に、
2021年6月7日ウェブ掲載された、
閉経後の骨折の再発リスクについての論文です。

閉経後の女性は骨粗鬆症のリスクが高まり、
その典型的な症状が非外傷性の骨折です。

これは咳をしたりつまづいたりしただけで骨折したり、
何のきっかけもないように思えるのに、
ある日診断される骨折です。

こうした非外傷性の骨折が一度あると、
その後の再発率は非常に高いと考えられています。

その一方で高い場所から転落したり、
交通事故に遭ったりして、
明らかな外傷により起こる骨折もあります。

現状の骨粗鬆症の国際的ガイドラインにおいては、
骨粗鬆症の症状としての骨折は、
非外傷性の骨折に限っています。

しかし、その考え方は本当に正しいのでしょうか?

今回の研究はアメリカの複数施設において施行された、
女性の健康についての疫学研究のデータを活用したもので、
66874名の50歳以上の閉経後の女性を対象として、
平均で8.1年の経過観察を行っているものです。
観察期間中に10.7%に当たる7142名が骨折を経験しています。

ここで、
1回の骨折後に再骨折するリスクは、
骨折していない場合と比較して、
1.49倍(95%CI:1.38から1.61)有意に増加していました。
これを外傷性の骨折と非外傷性の骨折とに分けて解析すると、
外傷性骨折後の再骨折リスクは、
骨折していない場合と比較して1.25倍(95%CI:1.06から1.48)で、
これが非外傷性骨折の場合には、
1.52倍(95%CI:1.37から1.68)の増加となっていました。

このように、
矢張り非外傷性骨折の方が再骨折に繋がりやすい傾向はあるものの、
両群はオーバーラップしており、
外傷性骨折であっても、
少なからず再骨折のリスクは増加していました。

今後はこうした結果も取り入れる形で、
骨粗鬆症の骨折リスクの評価は、
修正される必要がありそうです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

ワクチン接種後新型コロナウイルス抗体の乳汁への移行 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
ワクチン抗体の乳汁への移行.jpg
JAMA誌に2021年5月18日ウェブ掲載された、
新型コロナウイルスワクチンによって誘導される抗体の、
乳汁中への移行を検証したレターです。

新型コロナウイルスワクチンの接種対象として、
妊娠されている女性や授乳中の女性も含まれていて、
現状妊娠中の女性については、
専門学会では事前に超音波検査などの施行が望ましい、
という条件が外されていない、というような問題があり、
この間のワクチン接種の説明会では、
積極的には推奨されない、
というようなニュアンスの話がありました。
一方で授乳中の女性については、
むしろ積極的な接種対象となるようです。

授乳中の女性はワクチンの臨床試験に対象からは外されていますが、
医療従事者へのワクチン接種においては、
多くの授乳中の女性が含まれていて、
その有効性や安全性についてのデータが蓄積されています。

今回の研究は新型コロナワクチン接種で先頭を走る、
イスラエルでの医療従事者接種からのもので、
ファイザー・ビオンテック社の新型コロナウイルスワクチンを接種した、
授乳中の女性84名の乳汁のサンプル504件を採取し、
ワクチン接種から乳汁中への抗体以降を検証しています。

その結果、
乳汁中のIgA抗体は、
1回目のワクチン接種後2週間で軽度の上昇を示し、
2回目の接種後1週間で急激に増加してピークに達し、
その後は減少しつつ維持されています。

一方で乳汁中のIgG抗体は、
2回目の接種時までは殆ど上昇せず、
2回目の接種後1週間で上昇してピークに達すると、
その後も高いレベルで維持されていました。

これは、他のウイルス抗体などとも一致する結果で、
まず粘膜や腸管などの免疫に関わるIgA抗体が先に乳汁中に分泌され、
その後中和抗体であるIgG抗体が分泌されます。
2回のワクチン接種後にIgG抗体が乳汁中に増加することは、
2回接種の必要性を示唆しています。

抗体を口から飲んでも、
大人では殆どが消化管で分解されて、
有効性は示しませんが、
赤ちゃんはまだ腸管機能が未熟であるために、
一定レベルの乳汁中の抗体が、
血液中に移行して機能すると考えられます。
IgA抗体が先に上昇することは、
赤ちゃんの口からの感染に、
一定の防御を与えると想定されます。

つまり、乳汁中の抗体は、
赤ちゃんの免疫としても、
一定の有効性があると考えられるのです。

現状授乳されている女性のワクチン接種で、
問題となるリスクは報告されておらず、
授乳されている女性のワクチン接種は、
赤ちゃんを守る意味合いからも、
推奨されると考えて良いようです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 
前の5件 | -