So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

「バベットの晩餐会」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前午後とも石原が外来を担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
バベットの晩餐会.jpg
1987年のデンマーク映画でアカデミー外国語映画賞も受賞した、
名作「バベットの晩餐会」です。

これは本当に素晴らしい映画です。
僕は作り手の深い企みに感心し、
とても感動してかなり泣きました。

ただ、ちょっと特殊な設定と思想がベースにあるので、
その点で好みが分かれるところはあると思います。

それでですね、
もしこの映画をまだ観ていない方がいたら、
絶対あらすじなど読まないで、
このブログもここまでしか読まないで、
是非映画を観て下さい。
これね、ちょっと先入観を裏切るんですよ。
それがある意味感動のツボなので、
予備知識はない方が絶対いいんですね。

良かったと思われたら、後を読んで下さい。

面白いと思わなかったら、
そうですね、
1年後くらいにもう一度観て見て下さい。
ひょっとしたら、今度は感動するかも知れません。

これはそんな映画です。

この映画はね、多分年寄り向きなんですよ。
舞台も限界集落で、
老人が年を重ねるばかりで先がないでしょ。
その年寄りがね、
「ああ、無駄に年を重ねてしまった。やりたいことは出来なかった。
本当に好きな人とは一緒になれなかった。
もう身体も自由に動かない。俺って駄目じゃん」
と思うでしょ。
その後悔がね、
別に「コクーン」みたいに若返るのではなく、
何の奇跡も起こらないのに、
すっと一瞬とは言え、消えてしまう。
「ああ、人生って良かったな」と思ってしまう、
そうした出来事を描いた映画なんです。

これ、どういうお話にしますか?

ちょっと想像してみて下さい。
超自然的なことなしでやるんですよ。
とても出来るとは思えないでしょ。

それを易々とやっているのがこの映画です。

凄いですよね。

貴族のおぼっちゃんの軍人の若者がいて、
高名で女たらしのオペラ歌手がいるんですね。
お金持ちで世俗の名声もあるという立場の人。
もう一方にデンマークの海辺の寒村があって、
清貧の中厳格なキリスト教の戒律を守って暮らしている、
美しい姉妹がいるんですね。

2つの世界は全く相容れないし、
2つの世界の住人が、
同じ感情に結ばれるというようなことは、
現実には無理なんですよね。
でも、お互いに相手を求めているようなところ、
いいなあ、と思っているようなところはあるんですね。
丁度肉体と精神のように、
対立しながら惹かれ合っているんですね。
その2つが奇跡的に1つになるのですが、
それを可能にしたのが、
宝くじと高級料理という、
どちらも清貧な世界とは真逆の存在、
というところがこの作品の発想の素晴らしさです。
こんなこと、普通思いつきません。

2つの階層や社会の対立と融和を描きながら、
それを惹かれ合いながら、
結局添い遂げることなく終わった男女の物語に、
重ね合わせている点が感動的で素敵ですよね。
オペラという藝術、高級料理という藝術、
いずれも金持ちの道楽で金持ちに奉仕するという側面がある訳ですが、
その2つの藝術が清貧な生活にある種の価値を与え与え合うという辺りも、
その深い洞察に感心する思いがあります。

映画の最初に描かれる2人の若者、
いずれも俗物でこんな男に姉妹が引っかからなくて良かった、
と観ていて思いますよね。
それが違うんですよね。
この辺りの作劇も絶妙だと思います。

北欧の神秘的なムードも活きていますよね。
食事も古典のフランス料理を再現した本物で、
途中でドン・ジョバンニの二重唱が歌われますが、
これもなかなかいいんですよ。

ラストは色々な捉え方があると思いますが、
もともと最後の晩餐ですし、
「1つの時代」が終わった、
ということでいいのではないでしょうか。

原作は中編というくらいの分量で、
後から読んだのですが、
映画はほぼ忠実に原作を映像化しています。

ただ、受ける印象は少し違います。
原作はもう少し厳しい内容で、
孤高の藝術家の矜持のようなものが強く描かれているのですが、
映画はその点はもっとウェルメイドな感じで、
立場や世界の違う登場人物達が、
一時的には気持ちを通わせているように描かれています。
ただ、小説と映画の立ち位置ということで考えると、
このくらいが丁度良い、という気もします。
台詞はほぼそのまま原作のものが使用されているので、
映画では不明の台詞の意味は、
原作を読むと分かります。

登場する姉妹の父親の牧師は、
キリスト教、プロテスタントのルター派なんですね。
清貧な生活こそ信条なのですが、
有名オペラ歌手が訪ねて来て、
「宗派は?」と訊くと、
「カトリックです」と答えるでしょ。
普通なら、「それなら娘と会うのはお断りだ」と言ってもいいのに、
何も言わずに受け入れてしまうでしょ。
これはね、この人たちは排他的ではないんですよ。
むしろ、カトリックでお金持ち、みたいな人が来ると、
どう接していいのか分からなくて困ってしまうんですね。
「お友達にはなれない人だな。困ったな」
という感じなんですね。
こういう宗教の描き方というのも、面白いですよね。
普通もっと排他的に描きますよね。
そうではない、というところが、
融和的な存在の強さと弱さを同時に描いているというところが、
この作品の1つの肝である、
というようにも思います。

いずれにしても、
好きな方にとっては、
一生の宝物になる映画です。
好き嫌いはあると思いますが、
一度は観る値打ちがあると思いますし、
その人の人生経験によっても、
印象は変わる映画だと思います。

アメリカでリメイクされるそうですが、
ほぼ間違いなく酷いことになると思うので、
封切られても絶対観には行かないつもりです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(2)  コメント(0) 

新型コロナウイルスの年齢による感染しやすさとACE2遺伝子との関連 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は金曜日でクリニックは休診ですが、
老人ホームの診療などには廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
ACEと年齢論文.jpg
JAMA誌に2020年5月20日ウェブ掲載された、
新型コロナウイルス感染症の年齢分布の謎を、
鼻粘膜のACE2遺伝子発現量で説明した論文です。

新型コロナウイルス(SARS-CoV2)の感染症は、
小児の感染事例が少ないことが特徴で、
流行の当初は小児の感染事例はないとされていました。
その後感染が全世界に拡大するに至って、
乳幼児を含む小児の感染事例も報告されるようになりましたが、
それでも小児の事例は2%未満(上記文献の記載)という少なさです。

この現象には幾つかの異なった説明があります。

代表的なものは、
小児はこのウイルスに感染しづらいというものと、
感染はするけれども軽症に終わる、
という2つの説明です。

そのどちらが正しいのかについては、
現状正確には分かっていません。

新型コロナウイルスはSARSと同じように、
細胞にあるACE2受容体に結合して、
それを足掛かりに細胞内に侵入して感染します。

これも当初は下気道のACE2にのみ感染して、
肺炎を起こす、というように考えられていましたが、
今では鼻粘膜などの上気道にもACE2が発現していて、
そこにも感染することが分かっています。

今回の研究では、
このACE2の発現に年齢による差があるのでは、
という推測のもとに、
多数例で鼻粘膜のACE2遺伝子の発現を調べ、
その年齢による違いを比較検証しています。

喘息の関連因子を検証するために採取された、
4歳から60歳の305名の鼻粘膜の検体を、
10歳未満、10から17歳、18から24歳、25歳以上、
という4群に分けて、ACE2遺伝子の発現量を比較したところ、
10歳未満の年齢では、
それ以外の年齢区分と比較して、
有意にACE2遺伝子の発現量が低下していました。
それを図示したものがこちらです。
ACEと年齢の図.jpg
このように鼻粘膜のACE2遺伝子発現量は、
18歳くらいまでは年齢とともに増加することが分かります。
この違いは喘息の有無や性差に影響はされませんでした。

つまり、
小児では上気道のACE2が少なく、
そのために新型コロナウイルス感染症に罹り難いのでは、
ということが推測されます。

ただ、気管支肺胞洗浄液によるACE2活性を調べた以前の報告では、
年齢による差は見られなかったという結果が発表されています。

上気道と下気道で発現が異なっているという可能性はありますが、
それは証明されたものではなく、
今回の研究結果は非常に興味深いものですが、
今後別のデータや研究により、
補強される必要はありそうです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

SARSの抗体の一部が新型コロナウイルスに有効? [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
コロナウイルスの中和抗体の交差免疫.jpg
Nature誌に2020年5月18日にウェブ掲載された、
SARS患者の回復後のリンパ球が産生する抗体の一部が、
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の中和抗体でもあるという、
興味深い検査結果についての論文です。

ウイルスなどの病原体が身体に侵入して感染を起こすと、
それを排除しようとする免疫の仕組みが働きます。
そして、病原体が排除された回復期になると、
その病原体を速やかに排除するために、
病原体の特徴的な部分に結合する、
抗体というマーカーのようなタンパク質が、
B細胞というリンパ球によって産生されます。

仮にまた同じウイルスが感染を起こそうとして侵入すると、
その抗体が速やかにそこに結合して、
その侵入を許さないのです。

これが抗体がウイルスを排除して、
同じ病気に2度罹らないようにする仕組みです。

個別のウイルスに対しては、
通常そのウイルスにのみ結合する抗体が産生されます。

ただ、ウイルス自体に似通った性質がある場合、
違うウイルスに対しても同じ抗体が結合し反応する、
ということもありえます。

あるウイルスに対する抗体が、
他のウイルスに対しても有効である場合、
これを交差免疫と呼んでいます。

さて、
今回の新型コロナウイルスはSARSの原因ウイルスと、
高い類似性があります。
分類的にも、
同じβコロナウイルスのサルベコウイルス亜属に属します。

上記文献の著者らは、
SARSから回復した患者の血液より、
メモリーB細胞という抗体産生細胞を取り出し、
SARSに反応する抗体の分析を行なっています。

SARSの原因ウイルスに反応する抗体と言っても、
1種類ではなく多くの抗体が存在しているのですが、
その中に他のコウモリなど動物由来のコロナウイルスに対しても、
中和抗体として働くような抗体があることを発見しているのです。

であるならば、
SARSから回復した患者のリンパ球が産生する抗体の中に、
今回の新型コロナウイルスを中和するような抗体も、
あるのではないでしょうか?

そうした推測のもとに、
25種類の主に感染に関わる突起の部位に結合する抗体を解析。
それが新型コロナウイルスの中和抗体として、
働くかどうかを検証しています。

25種類の抗体のうち8種類は新型コロナウイルスにも結合し、
特にS309とネーミングされた抗体が、
新型コロナウイルスの中和抗体として働くことが、
疑似ウイルス中和アッセイという厳密な手法により確認されました。

これは本物のウイルスではありませんが、
それに非常に近い疑似ウイルスを細胞に感染させ、
それを抗体が阻止するかどうかを見ている検査で、
かなり信頼性の高いものなのです。

このS309というモノクローナル抗体を合成して、
投与すれば理屈の上では新型コロナウイルスには感染しません。

勿論新型コロナウイルス感染症自体から回復した患者によって、
同様の検証を行なえばより確実であるのですが、
その検証の手がかりにもなる訳です。

抗体と簡単に言いますが、
実際にはウイルスの結合部位に対する抗体も、
SARS原因ウイルスにおいて20種類以上も同定されていますから、
どの抗体が確実にウイルスの中和に働くのか、
それともあまり働かないのか、
ワクチンの開発も含めて、
その辺りの検証はそう簡単なものではないようです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0) 

低ナトリウム塩の健康効果 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日で診療は午前中で終わり、
午後は事務作業の予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
ナトリウム減少塩と健康.jpg
2020年のBritish Medical Journal誌に掲載された、
低ナトリウム塩の活用効果を数理モデルで検証した論文です。

過度な塩分制限には異論もありますが、
現代人が塩分を必要以上に多く摂っていることは事実で、
1日10グラムを超えるような塩分の摂取が、
高血圧や脳卒中、虚血性心疾患、慢性腎臓病、
胃がんなどの病気のリスクを増加させることは、
多くの精度の高い疫学データや臨床データによって、
実証された事実です。

健康な食生活として、
そのため適度な減塩が重要であることは、
これも間違いがありません。

ただ、味覚というのは習慣的な部分が大きく、
また文化的な側面もあります。
昔の人間は今より運動量が多く、
塩分も多く喪失していました。
食事も保存の利くものが重宝されたので、
自ずと塩分濃度の高いものが好まれたのです。

それを変えることはなかなか困難です。

最近無理なく減塩を達成するための方法として、
注目されているのが「低ナトリウム塩」です。

これはどういうものかと言うと、
塩化ナトリウムが主体の通常の塩の、
一部を塩化カリウムに変えてしまいます。

そうすると、
通常の塩より、
ナトリウムは大きく減少して、
カリウムが増加する、
ということになります。

実は塩化カリウムも味としては塩辛く感じるので、
それほど違和感なく、
普通の食塩の代わりに使用することが出来るのですね。

カリウムはナトリウムの排泄を促すので、
ナトリウム自体の含有量が少ないことと、
ナトリウムの排泄が促されることの相乗効果で、
減塩効果がもたらされるということになります。

日本においても複数のメーカーから、
この低ナトリウム塩が販売されています。

それでは、通常の食塩をこの低ナトリウム塩にすることで、
どのくらいの健康効果が期待されるのでしょうか?

1つ危惧されるのは腎機能低下がある場合で、
進行した腎機能低下があるとカリウムの排泄が低下するので、
高カリウム血症になりやすく、
その段階では低ナトリウム塩を使用することで、
むしろ高カリウム血症が増悪する、
という可能性も否定出来ません。

そこで今回の研究では中国において、
慢性腎臓病を持つおよそ1700万人に対して、
通常の食塩を、
その20から30%を塩化カリウムに置き換えた、
低ナトリウム塩に変更することで、
心血管疾患のリスクがどのように変化するのかを、
これまでの疫学データや臨床データを基にした、
数理モデルを使って解析しています。

今流行りの「ビッグデータからAIが予測した」という解析に近いものです。

その結果、
低ナトリウム塩を活用することにより、
総人口を対象とした場合、
年間で461000人の心血管疾患による死亡が予防され、
これは心血管疾患による死亡を、
11%抑制することに匹敵すえると想定されました。
その一方で低ナトリウム塩で誘発される高カリウム血症により、
年間約11000人が死亡するという可能性があります。
これを差し引きして、
年間45万人の死亡が予防され、
慢性腎臓病のある対象者に限ると、
年間で21000人の死亡が予防されます。
これは慢性腎臓病の対象者の心血管疾患による死亡のうち、
8%を抑制したということになります。

このように、
トータルでみて低ナトリウム塩の使用は、
心血管疾患のリスク低下において、
非常に有効な方法である一方、
高カリウム血症のリスクが想定される対象に対しては、
慎重に行う必要があり、
今後どのようにその使用を広げるべきか、
議論が必要であると思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

クロロキン製剤治療の新型コロナウイルスに対する有効性(患者レジストリ解析) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
ヒドロキシクロロキンの実世界での有効性.jpg
Lancet誌に2020年5月22日にウェブ掲載された、
クロロキンとヒドロキシクロロキンによる、
新型コロナウイルス感染症治療の有効性を、
大規模な患者レジストリ解析という手法で、
世界規模で検証した論文です。

患者レジストリ解析というのは、
疾患により登録した通常臨床のの患者データを、
ある治療の有無などで分けて解析する手法で、
主に厳密な介入試験などの実施が困難な場合に、
その代替として施行されるものです。

新型コロナウイルス感染症は、
まだその予防や治療法が確立しておらず、
急激に悪化して死に至る事例もあるので、
偽薬を使うような介入試験を行うことは困難で、
そのため治療の評価としては、
この患者レジストリ解析が主流になるようです。

クロロキンとヒドロキシクロロキンは抗マラリア薬ですが、
新型コロナウイルスに対する抗ウイルス作用と免疫調整作用が期待され、
単独もしくは免疫調整作用のあるマクロライド系抗菌剤との併用で、
その試験的な使用が世界的に行われています。

ただ、その実際の有効性については、
これまでにも何度か記事にしたように、
あまり明確な有効性が示されていません。
また、特にマクロライドとの併用により、
重篤な不整脈の発生のリスクも危惧されています。

今回の検証では世界6大陸の671の登録施設における。
トータルで96032名の新型コロナウイルス感染症の入院事例を、
患者レジストリ解析の対象としています。
そのうち14888名は治療群で、
その内訳は1868名はクロロキン単独、
3783名はクロロキンとマクロライドの併用、
3016名はヒドロキシクロロキン単独、
6221名はヒドロキシクロロキンとマクロライドの併用です。
クロロキン製剤未使用のコントロール群は81144名です。

性別年齢体格などの因子を補正して解析した結果、
コントロール群の死亡率(9.3%)と比較して、
クロロキン群の死亡率16.4%は1.365倍
(95%CI:1.218から1.531)、
クロロキンとマクロライド併用群の死亡率22.2%は1.368倍
(95%CI:1.273から1.469)、
ヒドロキシクロロキン群の死亡率18.0%は1.335倍
(95%CI:1.223唐1.457)、
ヒドロキシクロロキンとマクロライド併用群の死亡率23.8%は1.447倍
(95%CI:1.368から1.531)、
それぞれ有意に増加していました。

要するに未治療と比較して、
クロロキン製剤を使用する治療を行った方が、
入院中の死亡リスクが高く、
マクロライドとの併用でそのリスクはより増加する、
という結果です。

この原因として想定されるのは、
心臓への影響に伴う致死性の不整脈ですが、
入院中の新規発生の心室性不整脈の発症リスクが、
コントロール群(0.3%)と比較して、
クロロキン群では4.3%で3.561倍
(95%CI:2.760から4.596)、
クロロキンとマクロライド併用群では6.5%で4.011倍
(95%CI:3.344唐4.812)、
ヒドロキシクロロキン群では6.1%で2.369倍
(95%CI:1.935から2.900)、
ヒドロキシクロロキンとマクロライド併用群では8.1%で5.106倍
(95%CI:4.106から5.983)、
それぞれ有意に増加していました。

これをもって、
単純に不整脈の発症と死亡リスクの増加を結び付けることは出来ませんが、
いずれにしてもクロロキン製剤を新型コロナウイルス感染症に使用する試みは、
今後余程肯定的なデータが出ない限り、
今回の発表をもってほぼ完全に治療の選択肢からは除外された、
と言って間違いはないようです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(1) 
前の5件 | -