SSブログ
前の5件 | -

急性尿閉とその後の関連癌リスク [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
急性尿編と関連癌リスク.jpg
British Medical Journal誌に、
2021年10月19日ウェブ掲載された、
急性尿閉と尿路や女性器の癌リスクとの関連についての論文です。

急性尿閉というのは、
何らかの原因によって、
急に苦痛を伴って尿が出なくなる症状のことで、
圧倒的に男性に多く、
その罹患率は上記文献記載の海外データでは、
年間男性1000人当たり2.2から8.8件で、
年齢と共に急速に増加します。

推計として、
70代の男性の10%、
80代の男性の30%がこの症状を経験するとされています。

その最も多い原因は、
男性では前立腺肥大による尿路の狭窄で,
女性では膀胱排尿筋の機能障害です。

急性尿閉の原因として、
それ以外に尿路や女性器、直腸の癌などが考えられますが、
実際に尿閉の患者さんにおいて、
どのくらいの癌のリスクを想定したら良いのかについての、
信頼のおけるようなデータは、
これまでにあまり存在していませんでした。

今回の研究は、
国民総背番号制のデンマークにおいて、
全ての病院で診断された、
50歳以上の初回の急性尿閉患者トータル75983名を登録し、
その後の尿路系や女性器関連の癌、
直腸や自律神経系由来の癌の発症リスクを、
一般人口の発症リスクと比較しているものです。

その結果、
最初に急性尿閉を起こしてから、
3か月以内に前立腺癌が診断される確率は5.1%で、
1年以内に診断される確率は6.7%、
5年以内に診断される確率は8.5%でした。
尿閉から3か月以内に、
年間1000人当たり218件の前立腺癌が、
一般の発症率と比較して過剰に発症し、
3か月から12か月未満では21件が過剰に発症していましたが、
1年以降での発症率は、
一般と比較して差はありませんでした。

尿路系の癌については、
尿閉発症3か月以内において、
一般の発症率と比較して、
年間1000人当たり56件が過剰に発症し、
女性の外陰部癌については同様に24件が、
直腸癌については同様に12件が、
神経系の癌については2件が、
過剰に発症していると計算されました。

このように、
多くの関連癌の発症リスクは、
初回の急性尿閉後3か月以内のみ増加していましたが、
前立腺と尿路系の癌については12か月未満まで、
女性の浸潤性膀胱癌については、
数年に渡りそのリスクの増加が認められていました。

50歳以上の年齢における初回の急性尿閉は、
その後3か月の尿路系や女性器系などの癌の強い予測因子で、
こうした症状が出現した際には、
癌の検索を積極的かつ慎重に行う必要がありそうです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

甲状腺眼症に対するスタチンの有効性 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
バセドウ病に対するスタチンの効果.jpg
Lancet Diabetes & Endocrinology誌に、
2021年9月27日ウェブ掲載された、
甲状腺眼症に対するコレステロール降下剤スタチンの、
有効性についての論文です。

甲状腺機能亢進症を来す、
甲状腺の自己免疫疾患の代表であるバセドウ病では、
その自己抗体の働きによって、
眼球の後方の脂肪や繊維組織が肥厚し、
眼球が前方に突出する甲状腺眼症と呼ばれる症状が合併します。

これは全てのバセドウ病に起こる現象ではありませんが、
一旦症状が出現すると完治することは非常に困難で、
重症化すると目を閉じられない状態となって、
ADLにも大きな影響を与えます。

この病気の国際的ガイドラインで推奨されている治療は、
高用量のステロイド(糖質コルチコイド)を静脈内投与することですが、
その有効性は35から80%と報告されています。

つまり、単独で必ずしも満足のゆく有効性があるとは言えません。

そこでステロイド治療に加えて、
付加的な治療として注目されているのが、
スタチンの使用です。

スタチンは言うまでもなく、
ステロイド降下剤で脂質異常症の治療薬ですが、
スタチンを使用しているバセドウ病患者は、
未使用の患者と比較して、
甲状腺眼症の発症率が低い、
という疫学データが存在しています。
スタチンに抗炎症作用があることを考えると、
スタチンが甲状腺眼症の抑止に、
一定の効果があってもおかしくはないのです。

今回の研究はイタリアにおいて、
血液中のLDLコレステロールが114.8から188.7mg/dLで、
中等度から重度の甲状腺眼症の患者88名を、
くじ引きで2つの群に分けると、
一方はステロイド治療のみを12週継続し、
もう一方はそれに加えて24週スタチンを使用して、
どちらも24週の経過観察を行なっているものです。

ステロイド治療は、
メチルプレドニゾロンを500mgを週に1回、
静脈内投与することを6週間繰り返して、
その後は250mgを6週間施行し、
スタチンはアトルバスタチンを1日20mg経口投与しています。

その結果、
症状の改善や眼突の2mm以上の改善などの指標で評価された、
24週の時点での眼症治療の有効率は、
スタチン治療群で51%であったのに対して、
スタチン未使用群では28%で、
スタチンの上乗せ治療は、
眼症治療の有効率を有意に改善していました。

これはまだ少数例での解析に過ぎませんが、
難治性の甲状腺眼症において、
スタチンの上乗せ治療に明確な有効性があったという、
今回の結果は非常に興味深く、
今後より大規模で精度の高い検証に期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(3)  コメント(0) 

「いのち知らず」(岩松了新作) [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
いのち知らず.jpg
岩松了さんの新作が、
今下北沢の本多劇場で上演されています。

これはキャストは男性5人だけで、
休憩はないトータル2時間10分ほどのお芝居です。
ラス前から始まり、
過去に戻るとほぼ時系列で進み、
最後にオープニングの少し後に達する、
という構成です。
それを故障したテープレコーダーが修復される、
というディテールで示すのがクレヴァーな仕掛けです。

岩松さんのお芝居も色々な傾向のものがあるのですが、
今回は特定の人間関係の力学を掘り下げてゆくうちに、
次第に生と死との境界が不鮮明になっていって、
最終的には誰が生きていて誰が死んでいるのか、
良く分からない感じになってゆく、
という最近割合多いテーマの作品です。

それから男2人の友情と、
それがもう1人の男によって亀裂を生じ、
結果的にそのうちの1人が死なないといけなくなる、
という構図が今回は反復されてゆきます。

男5人のお芝居というと、
ベケットの「ゴドーを待ちながら」があって、
それが1つのベースになっていることは間違いがなさそうです。

勝地涼さんと仲野太賀さんが中学の同級生で、
一緒にガソリンスタンドを経営したいという夢を持っていて、
それである施設の守衛をしているという設定なのですが、
その医療施設では死者を蘇らせるという怪しい実験をしていて、
先輩の守衛である光石研さんがそのことを勝地さんに吹き込むので、
それをきっかけにして仲野さんと勝地さんとの仲に亀裂が入り、
一方で仲野さんは施設の経営陣と交流を持つようになります。

誰かが死ななければ終わらない、
という不穏な空気が流れ、緊張が高まりますが、
作品の世界では、
誰がか舞台上ではない何処かで死んでも、
施設によって甦らされて帰って来る、
という可能性があるので、
台詞の中にもあるように、
こちら側で生きていると思っているのに、
実はあちら側に行ってしまっている、
という可能性もあるので、
話がややこしいのです。

如何にも岩松さんらしい、
とても観客には意地悪な設定です。

最初に太賀さんがカセットレコーダーに、
勝地さんへのメッセージを吹き込み、
ラストでそれが再生されないのと、
その前に意味ありげに太賀さんの後を追って、
勝地さんが外に出る場面があるので、
ははあ、ここで勝地さんが太賀さんを殺したのね、
というようには推察はされるのですが、
光石さんも同じではない可能性もありますし、
勝地さんと太賀さんが高校生の時に、
もう1人の中学の同級生が自殺して、
自分達も死んだと想定して、
人生を振り返るゲームをした、
というようなエピソードがあるので、
これは結局死人が過去を回想して、
未来を夢想しているだけではないのかしら、
と疑えば切りのない感じになっています。

岩松さんの劇作の中でも、
死のムードがかなり濃厚な作品の1つだと思います。

キャストは5人ともとても安定感があり、
それぞれにきちんと演技の見せ場があり、
それなりに熱量を持って芝居の出来る余地があるので、
内容のわからなさと居心地の悪さはありますが、
演劇の興趣を味合わせてはくれます。

岩松さんの作品としては、
入門編としてはややハードルが高いのですが、
それほどストレスなく完走出来るタイプの作品だと思います。

感性を研ぎ澄ませて鑑賞し、
自分なりの解釈をすればいいのだと思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

「ONODA 一万夜を越えて」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前午後とも須田医師が外来を担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
onoda.jpg
1974年までフィリピンのルバング島のジャングルで、
最後の日本兵としてゲリラ戦を展開し、
その後日本に戻って当時大きな話題となった、
小野田寛郎さんの1974年までの生涯を描いた作品ですが、
フランスのアルチュール・アラリ監督がメガホンを取り、
フランス、ドイツ、日本などの合作となっています。

これは3時間弱と長いですし、
どんなものかなあと思っていたのですが、
観て良かったと思いました。
あまり小野田さんのことを知らなかったので、
その人生に魅せられましたし、
終戦後の経過も、
戦争の混乱から1つの部隊のみが残り、
それがまた4人だけに減って、
最後は1人になるという段取りが、
とても丁寧に描かれていて説得力がありました。
最後かつての上官と対峙するところでは、
掛け値なしに心が震えました。
素晴らしい場面だったと思います。

勿論かなり脚色はありそうで、
事実そのままという内容ではないのですが、
1つの物語としての完成度は高く、
それでいてフィクションを超えて、
強く心に訴え掛け、考えさせる部分のある映画でした。

これはヨーロッパ映画で良かったと思うのですね。

日本映画としては映画化は無理な素材なんですね。
小野田さん自体の評価に議論がありますし、
何よりフィリピンで住民を何人も殺しているんですね。
その生い立ちや性格にも特異な部分がありますし、
それをそのまま日本で映画化は出来ないですよね。
それを隠して綺麗事にすれば、
それはもう嘘だらけのゴミ映画になってしまいます。

外国映画でフランス人の監督であったからこそ、
現実にかなり寄せた物語が、
実現出来たのです。

ほぼ全員日本人キャストですが、
人気ではなく役柄優先でオーディションされたことの分かる、
とても説得力のあるメンバーで、
しっかり丸坊主にもしていますし、
演技の質感もとてもリアルです。

ジャングルの自然描写は、
これはもうヨーロッパ映画なんですね。
「アギーレ神の怒り」を思い浮かべましたが、
その光と闇の感じや空気感が、
日本映画のそれとはまるで違うのです。
これもフィリピンのジャングルという異国の感じを、
醸し出すのに大きな影響を与えていたと思います。

主役は青年期を遠藤雄弥さんが、
後半を津田寛治さんが演じたのですが、
お2人ともこの映画に出演したことが、
そのキャリアの中でも勲章になったことが間違いがない、
という熱演です。

上官を演じたイッセー尾形さんがまた良かったですよね。
ちょっと1974年の場面は高齢を演じて欲しかった、
という気はするのですが、
陸軍中野学校の教官での、
話を続けるうちに狂気が籠もるような部分は、
イッセーさんならではの凄味がありました。
あの歌の場面、抜群でしたね。

日本映画はフランス人との仕事は、
比較的相性がいいですね。
これがハリウッド製だと、
今でもヘンチクリンな映画にしかならないんですね。
そうは見せなくても、結局差別意識はありますしね。
フランス人が差別しない訳では勿論ないと思うのですが、
これはもう相性なのかな、と思います。
日本人監督のフランス映画も、
意外に良いことが多いのです。

そんな訳でとても面白くて、
とても感動的で考えさせる、
素晴らしいヨーロッパ製日本映画で、
映画ファンには是非観て頂きたい今年必見の1本だと思います。

多分皆さんの予想より数段面白いですよ。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

乳製品の補充の高齢者骨折予防効果 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は金曜日でクリニックは休診ですが、
老人ホームの診療などには廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
カルシウムとタンパクの骨折予防効果.jpg
British Medical Journal誌に、
2021年10月20日ウェブ掲載された、
乳製品の使用による高齢者の転倒骨折予防効果についての論文です。

高齢者の転倒による骨折は、
寝たきりへの移行の大きな要因で、
その多くは大腿骨頸部骨折によるものです。

骨量が低下し骨が脆弱になっている高齢者では、
躓いて足を踏ん張っただけでも、
そうした骨折が簡単に起こってしまうのです。

この転倒や骨折の予防として、
これまで主に試みられてきたのがカルシウムの補充です。

ただ、カルシウムのみの補充は、
最近の臨床データではあまり良い結果がなく、
むしろ高齢者のトータルな予後に、
悪影響を与えたという報告もあります。

そこで栄養学的観点から検証されているのが、
カルシウムとタンパク質を、
同時に補充するという考え方です。

今回の研究はオーストラリアにおいて、
60の高齢者施設を登録して、
それをくじ引きで2つの群に分けると、
一方は1日700㎎のカルシウムと体重1キロ当たり0.9グラムのタンパク質を含む、
通常の食事を継続し、
もう一方はそれに加えて、
牛乳、チーズ、ヨーグルトの乳製品を強化して、
カルシウムは1日1142㎎、タンパク質は体重1キロ当たり1.1グラムを維持し、
2年間の経過観察を施行しています。

その結果、
カルシウムとタンパク質を強化した施設は、
通常の施設と比較して、
トータルな骨折のリスクが33%(95%CI:0.48から0.93)、
大腿骨頸部骨折のリスクが46%(95%CI:0.35から0.83)、
転倒のリスクが11%(95%CI:0.78から0.98)、
それぞれ有意に低下していました。
このリスクの低下は試験開始後3か月で認められ、
死亡リスクについては有意な差はありませんでした。

このように、
施設間の比較で個々の入居者の比較ではなく、
その点のバイアスは否定できないのですが、
栄養療法のみで、
かなり明確な転倒骨折リスクの差が見られたことは、
とても興味深い結果で、
今後より詳細な検証に期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(3)  コメント(0) 
前の5件 | -