SSブログ
前の5件 | -

尿路結石小結石同時切除の再発予防効果 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

ちょっとバタバタしておりまして、
ブログの更新をお休みしていました。
また再開しますのでよろしくお願いします。

今日は金曜日なのでクリニックは休診です。
明日土曜日は代診で診療の予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
尿路結石小結石同時切除の再発予防効果.jpg
the New England Journal of Medicine誌に、
2022年8月11日掲載された、
尿路結石の治療についての論文です。

尿路結石症は腎臓から尿管、膀胱、尿道に繋がる尿路に、
カルシウムなどを含む結石が出来る病気です。

腎臓にある小さな結石は通常は無症状ですが、
大きな石が尿管に落ちて詰まると、
激しい痛みの発作が起こります。

こうした発作を起こす結石は治療が必要で、
状況や結石の性質に応じて、
衝撃波により結石を砕いて流してしまう治療や、
内視鏡を挿入して結石を砕いて取り出す治療などが行われます。

内視鏡的な治療の場合、
通常取り出すのは尿管を詰まらせている、
症状の原因となっている結石のみですが、
腎臓にある無症状の小さな結石を、
同時に排石した方が良いのでは、
という意見があります。

ある報告によると、
こうした無症状の小結石を放置することにより、
手術後5年で約半数の事例で結石の発作の再発が起こった、
と指摘されています。

ただ、実際に手術時に小結石を同時に除去すると、
その再発が予防されたとする、
精度の高い臨床データはこれまでに存在していません。

そこで今回の研究ではアメリカの複数施設において、
有症状の尿路結石の患者さんをくじ引きで2つの群に分けると、
一方は原因以外の6ミリ以下の小結石も同時に除去し、
もう一方は原因の結石のみの治療を施行して、
その後平均4.2年の経過観察を行っています。
対象は通常治療群が35名で小結石の治療を追加した治療群が38名です。

その結果、
観察期間中の結石による痛みの発作の再発は、
小結石の治療を行わないと63%に発症したのに対して、
小結石の治療も同時に行うと、
16%の再発に留まっていて、
小結石の治療を同時に行うことにより、
再発率は82%(95%CI:0.07から084)有意に低下していました。
小結石の治療を追加することにより、
当然手術時間は長くなりますが、
そのことによる合併症や有害事象の増加は、
有意には認められませんでした。

このように、
尿路結石の発作を起こしたような患者さんでは、
原因となった結石以外に、
その時点では無症状の小結石の除去も同時に行うことにより、
少なくとも5年程度の予後は確実に良くすることが明らかで、
今後こうした知見をもとにして検証が重ねられ、
それが尿路結石の実際の治療に反映されることを期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(3)  コメント(1) 

成人への解熱治療の有効性とリスクについて [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
解熱剤は悪か?.jpg
British Medical Journal誌に、
2022年7月12日ウェブ掲載された、
発熱に対する治療の有効性とリスクについての論文です。

熱は下げた方が良いのでしょうか、悪いのでしょうか?

これは古くで新しい問題です。

解熱剤で熱を一時的に下げたり、
クーリングと言って冷却材などで身体を直接冷やすことは、
病気により発熱して苦痛を感じている患者さんに対しては、
2000年以上前から一般的に行われている治療です。

勿論熱中症のように、
深部体温の上昇が病気の原因である場合には、
積極的に解熱を図ることが治療としても有効です。

ただ、感染症などで身体が自発的に発熱して、
体温が上昇しているような場合に、
それを下げることが果たして良いことなのかどうか、
というのはまた別の問題です。

熱が出ている状態はつらく、
痛みは苦痛を伴いますから、
一時的にせよ身体を冷やし、
その苦痛を和らげることは、
意味のある治療行為ではあります。

患者さんが楽になることは、
病状の経過に対しても意味のあることだからです。

その一方で熱は身体が自分を守るために、
意味があって出しているのだから、
それを無理に冷やすことは良くない、
という意見があります。

確かに発熱は炎症に伴っていることが多く、
体温が上昇した方が免疫力が高まって、
感染症の予後は良い、というデータもあります。
その一方で高熱は死亡リスクを上昇させ、
予後を悪化させるという報告もあります。

これはおそらくケースバイケースではないかと思われますが、
実際にこれまでに行われた研究は、
その多くが集中治療室の患者さんなど、
特定の特殊なケースで行われているものなので、
より一般的に「熱は下げた方が良いのか?」
というような疑問に、
明確に答えられるような情報を提供してはくれないのです。

今回の研究はこれまでの発熱治療(解熱剤やクーリングを含む)
に対する臨床試験のデータをまとめて解析したメタ解析で、
この問題に対するトータルな検証を行っているものです。

これまでの42の臨床研究に含まれる、
5140人の患者データをまとめて解析したところ、
発熱に対する治療がトータルにみて死亡リスクを低下させたり、
逆に明確に有害な影響をもたらすという根拠は、
確認されませんでした。

つまり、解熱治療をしても、
良い面でも悪い面でも、
病気の予後に影響を与えるという証拠はなかった、
ということになります。

データは条件にばらつきが多く、
その信頼性も総じて高いものではないので、
今回の検証から解熱治療の有効性も有害性も、
完全に否定は出来ませんが、
現状の認識として、
症状が辛い時に解熱剤を適度に使用することは、
個々の判断で行って問題はないように思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0) 

サル痘臨床事例のまとめ(イギリスの疫学データ) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日なので、
診療は午前中で終わり、
午後は訪問診療とレセプトの事務作業の予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
サル痘イギリス論文.jpg
British Medical Journal誌に、
2022年7月28日ウェブ掲載された、
サル痘の事例をまとめた論文です。

日本でも症例が報告され、
世界的な広がりを見せているサル痘ですが、
この論文ではイギリスで遺伝子検査により診断された、
197の事例をまとめて解析しています。

年齢の中間値は38歳で、事例は全て男性、
197例中196例については、
ゲイかバイセクシャルであるか、
男性同士の性交渉の既往が確認されています。

全ての事例で皮膚粘膜病変があり、
最も多いのは性器の病変で56.3%に認められ、
続いて肛門周囲が41.6%と続いています。

86.3%では全身症状を伴っていて、
発熱が61.9%、リンパ節腫脹が57.9%、
筋肉痛が31.5%に認められ、
全身症状は皮膚粘膜病変出現前に見られるものが61.5%で、
皮膚粘膜病変出現後に見られるケースも38.5%で認められています。

事例の35.9%ではHIV感染症が併存しています。

病状はトータルには比較的軽症で、
全体の10.2%に当たる20例が入院していますが、
主に肛門周囲の痛みや陰茎の腫脹が原因となっていました。

元論文には陰茎などの多くの画像が添付されていますが、
かなり刺激の強いものなので、
紹介は控えさせて頂きます。

まだ病態など不明の点の多くサル痘ですが、
今の状況ではクリニックでも、
いつ患者さんに遭遇するか予測は出来ず、
取り敢えず最低限の鑑別は、
可能な状態にしておきたいとは思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

新型コロナウイルス感染症の味覚嗅覚障害の回復率 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
COVID-19の味覚嗅覚障害.jpg
British Medical Journal誌に、
2022年7月27日ウェブ掲載された、
新型コロナウイルス感染症の味覚嗅覚障害について、
その回復率を検証したメタ解析の論文です。

味がしなくなる、匂いが分からない、
というような味覚嗅覚障害は、
通常の感冒においても認められることはありますが、
新型コロナウイルス感染症において、
非常に多く認められることが指摘されています。

ただ、その詳細についてはまだ明らかでない点が多く、
オミクロン株の流行以降は、
味覚嗅覚障害の発症頻度は減っているという報告もあり、
確かに診療においてもそうした印象は持っていますが、
実証された事項ではありません。

今回の研究はこれまでの臨床データをまとめて解析した、
メタ解析によるものですが、
味覚嗅覚障害それぞれの頻度と、
その回復に掛かる時間を検証しています。

18の臨床研究に含まれる3699名の患者情報を解析したところ、
嗅覚障害は感染者の5.6%に、
味覚障害は4.4%に認められました。
その30日後、60日後、90日後、180日後の回復率は、
嗅覚障害が74%、86%、90%、96%で、
味覚障害が79%、88%、90%、98%でした。

どのような患者が回復しづいらいのかを見てみると、
女性、障害の程度が重い場合、鼻閉を伴う場合に、
回復しづらい傾向が認められました。

このように、味覚嗅覚障害の多くは経過と共に回復しますが、
半年経過後も回復が見られないケースもあり、
今後その有効な治療法の開発を含めて、
対応が急務であるように思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(3)  コメント(0) 

ビタミンD補充の骨折予防への有効性 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
ビタミンDの骨折予防効果2022.jpg
the New England Journal of Medicine誌に、
2022年7月28日掲載された、
サプリメントとしてのビタミンDの、
骨折予防効果についての論文です。

ビタミンDはカルシウムの腸管からの吸収を促進し、
骨の代謝にも多くの影響を与えて、
骨の健康には必要不可欠な栄養素です。

その欠乏が骨代謝に悪影響を与えることも分かっています。

そのために、骨折予防などの謳い文句で、
ビタミンDのサプリメントは、
単独もしくはカルシウムなどとの抱き合わせで、
市販もされ多くの人が利用しています。

ただ、サプリメントを使用される方の殆どは、
ビタミンDの高度な欠乏などはない人です。

そうした一般の人がビタミンDを食事以外に摂ることで、
骨折予防などの効果が得られるのでしょうか?

今回の研究はアメリカにおいて、
ビタミンDとオメガ3系脂肪酸の健康効果を調査した、
臨床研究のデータを活用して、
偽薬と比較した、
ビタミンD(1日2000IU)の骨折予防効果を検証しています。

対象はビタミンDの欠乏や骨量の減少、
骨粗鬆症などのない、
50歳以上の男性と55歳以上の女性、トータル25871名です。
中間値で5.3年の観察期間中に、
1991件の骨折が確認されています。
そして、ビタミンDのサプリメントは偽薬と比較して、
トータルな骨折のリスクについても、
個別の部位の骨折のリスクについても、
明確な予防効果を示していませんでした。

これは最近の同種の複数の研究とも一致する結果で、
明確なビタミンDの欠乏のない人では、
ビタミンDのサプリメントを使用しても、
骨折を予防する効果はないと、
もうそう言い切っても誤りではないように思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 
前の5件 | -