SSブログ
前の5件 | -

デルタ株に対する新型コロナワクチンの有効性(イギリスの疫学データ) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で、
午前午後とも須田医師が外来を担当する予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
デルタ株に対するコロナワクチンの効果.jpg
the New England Journal of Medicine誌に、
2021年7月21日ウェブ掲載された、
新型コロナワクチンのデルタ株に対する有効性についての論文です。

新型コロナウイルスワクチンのうち、
ファイザー・ビオンテック社と、
モデルナ社の2種類のmRNAワクチンと、
アストラゼネカ社のウイルスベクターワクチンについては、
その高い有効性が臨床試験においても、
その後の疫学データにおいても確認されています。

ただ、現時点でクリアでない問題は、
数ヶ月を超える有効性が不明であるという点と、
変異株、特にその性質に違いのあるとされるデルタ株に対する、
有効性が明確ではないという点です。

今回の検証は、
主にファイザー・ビオンテック社ワクチンと、
アストラゼネカ社ワクチンが接種されているイギリスにおいて、
RT-PCR検査のパターンからアルファ株とデルタ株を同定して、
両者に対する2種類のワクチンの有効性を比較しているものです。

その結果、
新型コロナワクチン1回接種後の有効性は、
アルファ株に対するものが48.7%(95%CI: 45.5から51.7)、
デルタ株に対するものが30.7%(95%CI: 25.2から35.7)で、
ファイザー社とアストラゼネカ社ワクチンの間で、
明確な差は認められませんでした。

ファイザー・ビオンテック社ワクチンの、
2回目接種後の有効性は、
アルファ株に対するものが93.7%(95%CI: 91.6から95.3)、
デルタ株に対するものが88.0%(95%CI: 85.3から90.1)であったのに対して、
アストラゼネカ社ワクチンの2回目接種後の有効性は、
アルファ株に対するものが74.5%(95%CI: 68.4から79.4)、
デルタ株に対するものが67.0%(95%CI:61.3から71.8)と推計されました。

それを図示したものがこちらになります。
デルタ株に対するコロナワクチン2回の効果グラフ.jpg

今回の検証からは、
数ヶ月という期限付ですが、
デルタ株に対する新型コロナワクチンの有効性は、
アルファ株のそれと比較すると劣るものの、
2回接種以降については、
一定の水準には達していると、
現時点ではそう考えて良いようです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(1)  コメント(0) 

劇団「地蔵中毒」第14回公演 無教訓意味なし演劇vol.14『母さんが夜なべをしてJavaScript組んでくれた』 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は祝日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
地蔵中毒.jpg
劇団地蔵中毒の新作公演に足を運びました。

この劇団は今回が観るのは3回目です。

最初に2年前に観た時は、
シュールなコントとドタバタとがない混ぜとなっていて、
面白いところもある一方で、
ダラダラと意味不明の場面が続くような感じもあったのですが、
今年の2月に観た作品では、
かなり演出も洗練されていて、
小劇場的な奇想から、
ダイナミックなラストに至る点も魅力的でした。

今回の作品では、演出はより洗練されていて、
以前は特徴の1つとされていた、
「ゆっくりと時間を掛けた間延びする暗転」も、
殆どありませんでした。

「カラマーゾフの兄弟」が原作とされていて、
ただ、題名を借りただけなのかしら、と思っていると、
意外に原作の骨格を使用した作品になっていて、
ラスト「カラマーゾフ万歳」という台詞も、
そのまま使われていました。

ただ、皿屋敷さんの真面目な感じが出すぎたかな、
という感じもあって、
感情を梃子にして物語が予想外の方向に動く、
というようなダイナミズムがないので、
原作のある分、今回は予定調和的に流れたかな、
という感じがしました。
もう少し物語自体で盛り上がるという感じがないと、
2時間という上演時間は長すぎると思います。

ラストの巨大な作り物も素敵なのですが、
前作の「観音様から夏祭り」という奇想と比べると、
ただ大きな物を出しただけ、という感じが否めなくて、
少し物足りなさは感じました。
最後に人間の時代が終わるというのは、
小劇場の物語としては定番過ぎるので、
もう一ひねりあっても良いのではないかとも感じました。

この作品で「神殺し」というのは、
ちょっとテーマ的に重過ぎると思いますし、
赤ちゃんをラストで無雑作に投げ捨てるのは、
確か「ファンキー」でしたか、松尾スズキさんもやっていましたが、
あまりやらない方が良かったと感じました。

前回も気になったのですが、
客席には中高年のおじさんが一定数生息していて、
かつての「毛皮族」の客席を彷彿とさせました。
この劇団にはちょっとエッチな部分があって、
必ずキャットファイトみたいな場面も用意されているので、
多分その空気感が、
こうしたおじさんやおじいさんを、
樹液の蜜のように引き付けるのかな、
というように感じました。

小劇場には昔から、
こうしたニーズがあるのですね。

面白い現象だと思います。

キャストはなかなか充実していて、
演技レベルも安定しているので安心して観ていられます。
ただ、もう少し破天荒な人が数人いた方が、
より盛り上がるという気もしました。

いずれにしても、
これぞ小劇場という気分を、
今最も感じさせてくれる劇団であることは確かで、
これからも新作を楽しみに待ちたいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は祝日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
ファブル.jpg
岡田准一さんが「殺さない殺し屋」を演じる、
コミック原作のアクション映画第二弾が、
今ロードショー公開されています。

これは前作も観たのですが、
出来は今回の方が数段上ですね。
前作は岡田さんがコミカルな演技をするのが、
とても合わない感じで、
全体のバランスが悪い感じがあったのですが、
今回はもうそうした岡田さんの演技は、
最小限に切り詰めて、
もっぱらアクションをつるべ打ちの様に見せることに、
徹した趣向が成功していたと思います。

アクションは凄いですよ。

まずオープニングのカーチェイスで観客の度肝を抜きますし、
クライマックスの団地のアクションシーンは、
映画史に残ると言っても過言ではない充実度です。
ここまでのことをしてしまって、
その後の堤真一さんとの対決は、
どうするつもりなのだろうと思っていると、
アクションではなくドラマと展開で見せるという趣向になっていて、
普通ラスボスとの対決を延々と見せることになるところを、
一切やらないというセンスの良さにも感心しました。

アクションは凄いのですが、
トータルな上映時間の中で、
それほどアクションシーンが多いということではないのですね。
端的に言えば、オープニングとクライマックスだけなのですが、
ダラダラ時間を使わないで、
見せ場を集中させるところにも、
作り手の自信のようなものを感じました。

ちょっとコマ落としが多すぎるかな、という気がしますが、
編集が非常に緻密ですよね。
同じ場面を複数の角度や、
接近と俯瞰で撮って、
それをパズルのように組み合わせているのですが、
その編集自体にもリズムがあって、
よくぞここまで練り上げた、という思いがします。
あのリズムは「フレンチコネクション」に近い感じですね。

内容はまあ、トータルには何ということもないものなのですが、
キャストはアクションスターとして圧倒的な、
岡田さんがいいですし、
周辺メンバーも良い仕事をしています。
堤真一さんの狂気もなかなかで、
その配下の安藤政信さんが、
物語の軸として、
とても良い仕事をしていました。
前作は安田顕さんの作品で、
今回は安藤さんの作品と言っても、
ドラマ的にはそう間違っていないと思います。

そんな訳で、
かつての東映アクション映画の、
良いところを再構成してリニューアルしたような素敵な娯楽映画で、
時間潰しに映画館に入って、
意外に充実した気分になって外に出るような、
そんなアクション映画の快作です。

お好きな方は是非。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも感染対策には充分留意しつつ、
良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(0)  コメント(0) 

コーヒーと不整脈リスク [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日なので、
診療は午前中で終わり、
午後は産業医面談で都内を廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
コーヒーと不整脈.jpg
JAMA Internal Medicine誌に、
2021年7月19日ウェブ掲載された、
コーヒーと不整脈リスクとの関連についての論文です。

久しぶりの一流誌に載ったコーヒー関連論文です。

コーヒーが多くの健康に良い効果を持ち、
1日3杯程度のコーヒーを飲むことが、
健康に良い習慣として世界中の専門機関に認められていることは、
このブログをお読みの皆さんには、
改めて言うまでもないことかと思います。

ただ、まだコーヒーやカフェインを含む飲み物が、
良くないとされている知見もあって、
その1つがカフェインによる不整脈誘発リスクです。

一部の専門学会のガイドラインには今も、
コーヒーなどのカフェインを含む飲み物は、
不整脈を誘発するリスクがあると記載されています。

ただ、
確かにカフェインには交感神経の刺激作用があるので、
心臓を刺激して不整脈を増やすのでは、
という可能性はあります。
しかし、それは推測であって証明されたものではなく、
こうしたリスクの裏打ちとなっているデータは、
1980年代の古い観察研究があるだけです。

今回の研究はこの問題の再検証を行なったもので、
大規模な遺伝子多型を含む臨床データである、
UKバイオバンクのデータを活用して、
トータル386258名の一般住民を平均で4.5年観察し、
不整脈の発症リスクとコーヒーやカフェイン含有飲料の摂取習慣との関連を、
カフェイン代謝に関わる遺伝子多型を含めて、
比較検証しています。

その結果、
他の不整脈リスクに関わる関連因子を補正した結果として、
習慣的なコーヒーの摂取は、
1杯当たり3%、不整脈の発症リスクを低下させていました。
このリスク低下は、
特に心房細動や上室性頻拍で強く認められていました。
カフェインの代謝酵素の遺伝子多型による解析では、
カフェインの代謝と不整脈リスクとの間には、
明確な関連は認められませんでした。

このように、
少なくとも一般住民での解析では、
コーヒーの摂取は不整脈リスクを、
用量依存的に抑制していて、
その抑制効果はカフェインとは、
無関係である可能性が高いという結果です。

コーヒーが不整脈を誘発するという考え方は、
今後ガイドラインなどにおいても、
書き直される必要がありそうです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

極私的新型コロナウイルス感染症情報(2021年7月20日) [仕事のこと]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日はいつものクリニック周辺の感染症情報です。

先週までは、
東京の感染者が1000人を超えそうだというけれど、
一体何処で増えているのかしら、
というような感じであったのですが、
この1週間くらいでかなり状況は緊迫してきています。

クリニック周辺でも、
ホテル療養のホテルも満室、
入院先の病院も全て満床、
という状態が続いていて、
待機の患者さんが膨れ上がって来ています。

数日前に保健所からの依頼で、
新型コロナで自宅待機中の患者さんが、
胸の痛みを訴えて、
胸部レントゲン検査目的で受診されましたが、
30代のその方は、
もう39度を超える熱が5日続いていて、
入院先を探しているも見つからない、
とのことでした。

持病があって高熱が続いていても、
入院はベッドがないので出来ない、
というのが今の状況で、
自宅待機者にこうしてクリニックなどを受診してもらい、
診察や検査によってトリアージをして、
重症と判断された方のみを、
入院適応とする、というような方針が、
取られているようです。

濃厚接触者も、
家族以外はあまり補足されているという感じはなく、
「会社の換気の悪い会議室で、2時間以上会議をしていた、
と言ったのだけれど、濃厚接触とは認められなかった」
と言うような話を頻繁に聞くようになりました。
保健所もパンク状態なのだと思いますが、
明らかに以前のような濃厚接触者の同定はされていません。

家族内感染での感染拡大の強さも最近の特徴で、
乳幼児の検査をする機会が最近増えましたが、
以前は家族内で感染者があっても、
乳幼児への感染は極めて稀であったものが、
最近は多くの乳幼児で検査の陽性事例が確認されています。

医療崩壊に近い厳しい状況であることは確かで、
他に有効な方法がない以上、
1人1人の感染予防が、
今は何より重要であるように思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 
前の5件 | -