SSブログ
前の5件 | -

新型コロナウイルス感染症の集団免疫 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日なので診療は午前中で終わり、
午後はインフルエンザワクチン接種などで都内を廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
コロナウイルスの集団免疫.jpg
JAMA誌に2020年10月19日ウェブ掲載された、
新型コロナウイルス感染症の集団免疫についての解説記事です。

新型コロナウイルスに限らず、
全ての感染症はある集団において、
一定の比率以上の人が免疫を獲得している状態では、
少なくともクラスターと呼ばれるような、
大規模な感染を起こすことはありません。

これを極端な言い方で言えば、
「感染症を集束させるには、みんなで罹ってしまえばいいのだ」
ということになります。

確かにそれが殆どの人で軽く終わる病気であり、
感染力もそれほど強くないと仮定すれば、
それも一理ある考え方であるということは言えます。

ワクチンというのは主にその目的のために接種するものです。
病原体を弱めたり、その一部分のみを使用したりすることにより、
その感染症の症状を強く発現することなく、
免疫を獲得することを目的とした予防法です。
これは端的に言えば、
「その病気に軽く罹る」ということを、
科学的に達成しようとしたものです。

新型コロナウイルス感染症が、
欧米で急激な感染拡大を示した時期に、
感染拡大を防ぐのではなく、
健常な人はむしろ積極的に接触を繰り返して、
集団の抗体保有率を高めれば、
結果として集団免疫が成立して感染は集束する、
という考え方が一部で広がり、
スウェーデンではそれに似た試みが、
国家レベルで行われましたが、
現状では通常に近い感染対策に変更されているようです。

集団免疫が成立するかどうかは、
その病気の感染の広がりの強さで決まります。
その指標として通常使用されるのが、
それは基礎再生産数(R0)という指標です。

R0というのは、
その時点で1人の患者が何人に感染を広げるのかを、
示す数値です。

新型コロナウイルス感染症のR0は、
これまでのところ2から3と推測されています。

この数値が1を上回っている限り感染は拡大します。

従って、感染を封じ込めるためには、
感染者を隔離するなどして、
この数値を1に近づけ、それより低下させる、
という必要がある訳です。

ここで集団免疫により感染を集束させるためには、
人口の50から67%が感染して免疫を獲得しないといけない、
と計算されます。

これをアメリカの例で考えると、
現状の抗体保有率はまだ10%に満たないため、
それを約60%にするためには、
今後数十万人以上の追加死亡を発生させないと、
達成は出来ないということになります。
これはどう考えても現実的な対策とは言えません。

当面集団免疫という考え方は、
現実的な感染集束法とは言えませんが、
今後ワクチンが使用可能となった場合には、
その有効性の1つの指標として、
議論されるようになるかも知れません。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0) 

ウコン抽出物の膝関節症への効果(2020年介入試験) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
ウコンの関節炎への効果.jpg
Annals of Internal Medicine誌に2020年9月15日ウェブ掲載された、
ウコン抽出物による膝の痛みの緩和効果についての論文です。

ウコン(ターメリック)はショウガの仲間の多年草で、
その根が香辛料として、
カレーなどに広く使用されています。
その黄色い色素の成分であるポリフェノールのクルクミンは、
抗炎症作用や抗酸化作用などが報告されています。

このウコンの持つ抗炎症作用が、
変形性関節症に伴う膝の痛みに有効であるとする報告が、
これまでに幾つかあります。

2014年にJournal of Orthopaedic Science誌に掲載された、
日本の研究グループの報告では、
ウコンの成分であるクルクミンの吸収を高めた製剤を用いて、
変形性膝関節症の患者に8週間用いたところ、
膝の痛みは偽薬と比較して有意に改善していました。

今回の研究はオーストラリアの単独施設のもので、
滑膜炎を伴う変形性膝関節炎の患者70名を、
患者にも主治医にも分からないようにくじ引きで2つの群に分けると、
一方はウコンの抽出物を使用し、
もう一方は偽薬を使用して、
12週間の経過観察を行っています。

その結果、膝の痛みには有意な改善が認められましたが、
MRIで確認された滑膜炎の所見には、
明確な差は認められませんでした。

このように今回のほぼ初めてのアジア以外の検証において、
ウコンには膝関節の痛みに対する有効性が認められました。

通常使用される消炎鎮痛剤には、
連用で腎障害や消化管障害などのリスクがありますから、
そうした副作用のほぼないウコンの使用は、
今後有用な選択肢となるかも知れません。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

新型コロナウイルス防御におけるマスクの効果(実際のウイルスとマネキンを用いた実験) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
マスクの有効性マネキン.jpg
mSphere誌に2020年10月21日ウェブ掲載された、
新型コロナウイルス感染症の予防としての、
マスクの有効性を検証した論文です。

同種の論文は他にも多くあり、
ブログでも何度かご紹介しています。

今回の論文のポイントは、
本物の新型コロナウイルス自体を使用し、
マネキンにマスクを装着して、
人口呼吸器から放出されるウイルス粒子を、
どれだけマスクでブロック出来るのかを検証している、
という点にあります。
実際のウイルス粒子を用いたこうした実験は、
上記文献の著者らによれば今回が初めてです。

東京大学医科学研究所の研究者らによるもので、
メディアでも報道がされました。
詳細については東京医科学研究所のサイトもご覧下さい。
こちらです。
https://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/about/press/page_00042.html

マスクが「新しい日常」においては、
必須の感染対策の柱であることは、
今では世界中で認識されています。

ただ、その感染防御効果は実験法によっても違いがあり、
必ずしも一致した結論が得られているという訳ではありません。

これまでの実験では、
主に生理食塩水を噴霧するような検証でしたが、
今回は感染対策の取られた施設において、
実際の新型コロナウイルス(SARS-CoV)を飛沫にして、
実際の呼気と同じようにマネキンの口から噴霧し、
それがマネキンに装着した各種のマスクによって、
どれだけ予防可能かを比較検証しています。

その結果、
エアロゾル中のウイルス粒子は、
距離が1メートル離れていても、
マネキンに付着が認められていて、
距離は1メートル離れていても、
感染者のウイルス排出量が多ければ、
感染リスクはあることが確認されました。

感染していない側がマスクを装着した場合、
コットンの布マスクではウイルスの取り込みを、
20から40%抑制していました。
N95マスクではウイルスの取り込みは、
80から90%抑制されていました。
ただ、N95マスクをテープで固定して使用しても、
完全にウイルスの取り込みを阻止することは出来ませんでした。

一方で感染者の側がマスクを装着した場合、
コットンのマスクやサージカルマスクで50%の、
ウイルス排出抑制効果が認められ、
N95マスクではより高い効果が確認されました。

こうした知見はほぼ、
これまでの同種の試験と一致しているもので、
マスクの性能は布マスク、サージカルマスク、N95マスク、
という順で高まりますが、
より感染者がマスクをした場合に、
その有効性は高くなっていました。
ただ、お互いにマスクをしていても、
ウイルスの侵入を完全に阻止することは出来ず、
感染リスクを完全にゼロにすることは出来ませんでした。

今回の実験は本物のウイルスを使用している、
という点では実際の感染に近い条件を再現していますが、
ウイルスがマスクから侵入することが、
そのまま感染が成立することではありませんから、
この結果が実際の感染予防効果と、
常に一致するとは限らないことは、
注意の上結果を考える必要があります。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

「星の子」(2020年映画版) [映画]

こんにちは。
北品川クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
星の子.jpg
2017年に刊行された今村夏子さんの同題の小説が、
大森立嗣監督の脚本、演出、
芦田愛菜さんの主演で映画化されました。

本年10月9日の公開ですが、
「鬼滅の刃」と重なるという不運もあり、
多くの映画館では10月29日には終了となるようです。

僕の行った時も客席は閑散としていました。

ただ、打ち切りは「鬼滅」のせいではないですね。
「ミッドナイトスワン」は頑張ってますもんね。
正直僕も観て、これは大失敗、と感じました。

原作は評判になっただけあって、
なかなかいいんですよね。
西加奈子さんにも似たスタイル。
新興宗教にのめり込んでどんどん貧しくなってゆく家族を、
その娘の視点から描くという発想が冴えていますね。
周囲の世界はその娘を被害者と考えていて、
家族から娘を引き離そうとするのですが、
本人は自分のことを不幸とは感じていないし、
両親のことも好きなんですね。
新興宗教が登場して、
それを善悪どちらとして位置づけてもいないので、
読者によって読み取り方が異なるのですが、
作者の言葉などを読むと、
明確に「虐待」の話だと話しているので、
「何故明らかに虐待されている子供が、
自分の意思で家族にとどまっているのか」
という問題に切り込んだ作品なのです。

映画は原作を比較的忠実に映像化しています。
ただ、意図的なのかどうか、
原作にはあって映画で曖昧にされている部分が幾つかあって、
それが結構大事な設定なので、
お話が分かりにくくなっています。

主人公の少女は、
小学生の時に「ターミネーター2」を見て、
ジョン・コナー役の俳優が好きになるんですね。
でも、映画ではエドワード・ファーロングという名前は出て来るのに、
映画の名前は出てこないので、
分かりにくくなってしまっています。
多分権利の関係で名前が出せなかったのだと思いますが、
それじゃ、意図が伝わらないですよね。

それから、主人公家族の一番の知り合いが、
教団幹部の落合さんで、
その息子がひきこもりのひろみち君なのですが、
映画では落合さんもひろみち君も、
設定自体はあって、ちらりと出て来るのですが、
原作のようには物語に絡みません。
これね、落合さんは裕福なままなのに、
主人公家族は信仰のためにどんどん貧乏になってゆくでしょ。
物語の根幹の部分なのに、
それをおざなりにしたらまずいですよね。
何らか理由があって省略したのだと思いますが、
それなら設定を変えるべきだったのじゃないかしら。
とても疑問です。

主人公の友達の信者の子がいて、
集会にボーイフレンドを連れて来るんですよね。
そのボーイフレンドが選ばれて発言をするところがあって、
小説にはそれが書かれているのですが、
映画ではカットされているんですね。
これも撮影はされている感じなので、
何故なのか分かりません。
大事な場面だと思うのですけどね。

ラストの処理も微妙ですね。
雪山で主人公は両親に囲まれて横になって、
それでいつまでも空を見ているでしょ。
主人公の少女は「もう帰りたい」と言うのですが、
両親は離さないのですね。
客観的に見て「心中」にしか見えないのですね。
そこまでは言い過ぎでも、
「死ぬまで少女はこの家族から離れることが出来ない」
という意味なんですね。
怖いでしょ。
でもその怖さが、映画では全くなかったですよね。
これはもう、明らかな失敗だと思います。

補足するとその前に、
両親と主人公がしばらく離ればなれになるんですね。
これは明らかに意図的なもので、
その間に教団から両親は何かを言われて、
ある決断をして娘を迎えに来たんですね。
それが何なのかは明かされないまま終わるのですが、
この家族はおそらく、
翌日も同じ状態では存在していないのです。

この映画の一番の失敗は、
申し訳ないのですが主役を芦田愛菜さんにやってもらったことですよね。
不幸な少女が不幸に見えないでしょ。
これはもう演技の上手い下手でカヴァー出来る問題ではなく、
芦田愛菜さんのまとったイメージの問題ですよね。
「利発で環境にも恵まれた聡明な少女」
というイメージを、
ある意味意図的にメディアで拡散しているのですから、
それで「虐待されていても家族を離れられない少女」を演じても、
とてもとても実感がわかないですね。

大森監督の演出がまたね、
個人的にはあまり好きではないのですね。
古い日本映画のあまり出来の良くないリメイク、
というような感じでしょ。
古い映画が悪いということではないのですが、
今の映画なのですから、
もっと今ならでは、という表現が欲しいですよね。

そんな訳で失敗作だと思うのですが、
もう上演も長くはありませんし、
ご興味のある方は映画館に足をお運び下さい。
映画を観てちんぷんかんぷんと思われた方は、
原作を是非お読み下さい。
ラスト以外はとても分かり易いです。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

「朝が来る」(河瀬直美監督映画版) [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で、
午前午後とも須田医師が外来を担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
朝が来る.jpg
独特の絵作りで、
唯一無二の世界を表現し続けている河瀬直美監督が、
ドラマ化もされた辻村深月さんの小説を、
題材とした新作を作り、
今ロードショー公開されています。

不妊治療や特別養子縁組を扱い、
ミステリー色もある原作ですが、
今回の映画版は14歳の少女の転落の道筋を、
極めて鮮烈かつ丁寧に描いて、
奈良、広島、東京の日本を駆け巡る、
如何にも河瀬監督らしい感動作に仕上がっています。

これは河瀬監督としては「あん」以来の、
素直に共感出来る傑作で、
個人的にも「あん」に次いで好きな1本です。

河瀬監督はオリジナルより、
原作ものがいいですね。
河瀬監督の演出スタイルは極めて独特で、
編集も通常とは異なっているので、
オリジナルではその意図を掴むことが、
かなり困難であることが多いのですが、
こうした原作ものでは、
基本的にシンプルな物語が描かれていて、
それが1つの核となっているので、
比較的その世界を理解しやすいのです。

この映画もまあ、
離ればなれになった母子の再開という、
極めてベタなストーリーなのですが、
神話的と言って良いような河瀬流演出によって、
ある種普遍的な人間ドラマとしての輝きを放っています。
もともと扇情的で極私的でドロドロした世界で、
実際深夜ドラマではそんな感じになっていたと思うのですが、
それが何か崇高な輝きを放つのが、
河瀬マジックの面白さです。

音のみの流れるオープニングから、
海の水面と風の表現が続くと、
「ああ、河瀬監督の世界だな」という感じです。
通常の編集とは異なるリズムで、
羽目絵細工のように自然の風景と人間のアップ、
幻想的な都会の情景などが重ね合わされ、
逆光から溶け出した光は、
キスをする2人のアップを、
光の中で融合させます。
役者の台詞はあたかもノンフィクションドラマを思わせますが、
却ってリアリティがないという、
奇妙な感覚を醸成しています。

その個性が往々にして観客の生理を、
置き去りにしてしまうことも多いのですが、
今回はストーリーが明確であるので、
時間のパズルが後半になって、
別の顔を見せ始めるのがとても効果的で、
最後まで観ると、
すぐにもう一度観たいという思いに繋がりました。

キャストは少女役の女優さんが抜群で、
浅田美代子さんの雰囲気もとても素敵です。
かつて大根と呼ばれていたのが、
信じられないような深みのある芝居でした。
永作博美さんは結果的に少し損な役回りですが、
その実力を発揮していたと思います。

そんな訳で河瀬監督としては「あん」以来の、
「通俗的な傑作」で、
監督の特質も良く表れた会心作ではないかと思います。

とてもお勧めですが、
河瀬監督作品が初めてという方は、
その独特の様式に戸惑って、
物語に入り込めないかも知れません。
何作か観ている方であれば、
これはもう文句なくお勧めですし、
「あん」がお好きな方であれば、
絶対の贈り物と言っていいと思います。

いい映画ですよ。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 
前の5件 | -