SSブログ

飲酒量の変化と癌リスクとの関係(韓国の疫学データ) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
アルコールと癌リスク.jpg
JAMA Network Open誌に、
2022年8月24日ウェブ掲載された、
飲酒量の変化が癌の発症リスクに与える影響についての論文です。

多量の飲酒習慣が癌のリスクであることは、
多くの疫学データにより実証された事実です。
特に咽頭、喉頭癌、食道癌、虫垂癌を除く大腸癌、
肝細胞癌、女性の乳癌は、
明確に飲酒量との関連のがある癌として知られています。

アメリカの疫学データによれば、
修正可能な癌のリスクとして、
喫煙、肥満に次いでその影響が大きいのが、
飲酒習慣であるとされています。

それでは、飲酒の習慣のある人がそれを止めたり、
飲酒量を減らすことで、
その後の癌のリスクは低下するのでしょうか?
逆に飲酒量が増えることにより、
癌の発症リスクも増加するのでしょうか?

こうした疑問に対する精度の高いデータは、
実際にはあまり存在していません。

今回の疫学データは韓国においてその点を検証したもので、
平均年齢53.6歳の一般住民4513746名を、
6.4年観察した大規模なものです。

観察期間中の癌の罹患率は、
年間1000人当たり7.7件でした。
アルコール量を1日15グラム未満の少量と、
1日15から29.9グラムまでの中等量、
1日30グラム以上のヘビードリンカーに分類して、
飲酒量の変化と癌リスクを比較してみると、
いずれの飲酒量の群でも、
その量が経過中に増加すると、
癌のリスクはそれによって増加する傾向を示していました。

アルコール関連癌についてみると、
飲酒習慣のない人が少量の飲酒習慣に変化した場合には3%(95%CI:1.00から1.06)、
中等量の飲酒習慣に変化した場合には10%(95%CI:1.02から1.18)、
ヘビードリンカーになった場合には34%(95%CI:1.23から1.45)、
その後の癌リスクは増加していました。

少量の飲酒者が禁酒をすると、
そのまま飲酒していた場合と比較して、
全癌の発症リスクは4%(95%CI:0.92から0.99)、
有意に低下しました。
一方で中等量の飲酒者が禁酒すると、
全癌の発症リスクは7%(95%CI:1.03から1.12)、
ヘビードリンカーが禁酒すると、
全癌の発症リスクは7%(95%CI:1.02から1.12)、
いずれも一時的には有意に増加しました。
しかし、その後の経過をみると、
そのリスクは有意なものではなくなっていました。

ヘビードリンカーのままであった場合と比較して、
ヘビードリンカーが中等量まで節酒すると、
アルコール関連癌のリスクが9%(95%CI:0.86から0.97)、
全癌の発症リスクも4%(95%CI:0.92から0.99)有意に低下し、
ヘビードリンカーが少量まで節酒すると、
アルコール関連癌のリスクが8%(95%CI:0.86から0.99)、
全癌の発症リスクも8%(95%CI:0.89から0.96)、
こちらも有意に低下していました。

このように、
アルコールはアルコール関連癌のみならず、
全癌の発症リスクとも一定の関連があり、
節酒や禁酒はそのリスクを低下させるために、
一定の有効性があることは、
ほぼ明らかだと言って良いと思います。

ただ、禁酒で一時的に癌リスクが増加するなど、
アルコールの健康への影響は複雑で、
単純に良い悪いと言い切れない部分もあります。

いずれにしても他に肝障害など健康影響がない場合にも、
飲酒量はなるべく少なくすることが、
癌の予防のためにも有効であるというのが、
現状の一般的な科学的知見であると言って良く、
日本では1日20グラム(日本酒で1合程度)までの飲酒は、
健康上大きな問題がないとされていますが、
世界的トレンドとしては、
適正な飲酒量はより低く設定されている、という点も、
理解はしておく必要があると思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

「ヘルドッグス」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
ヘルドッグス.jpg
原田眞人監督と岡田准一さんのコンビによるバイオレンスアクション映画が、
今ロードショー公開されています。

ヤクザ組織壊滅のために、
警官が身分を隠して潜入するというお話で、
「何を今更…」という感じは少しあるのですが、
昔は日本が本場であったヤクザ映画を、
世界標準で海外にも売れる作品として復活させたい、
という意欲と意図は強く感じました。

138分という上映時間ですが、
原田監督としては上手くまとめたな、という印象はあります。
本筋に入るまでの段取りが結構長いのですが、
見せ場を絞ってじっくり描くことで、
徐々に観客を引き込んでゆきます。
後半の交通整理はかなり難しかったと思うのですが、
それほどの破綻なくまとめ上げていて感心しました。

台詞が聞こえないのは原田監督の通常運転、
特に必要ない歌や踊りを挿入するのもいつもの悪い癖で、
今回もヤクザの秘書にオペラのアリアを歌わせたり、
告別式でヤクザが合唱したり、
変な動きの踊りがあったりするのはいつも通りですが、
比較的内容にはマッチしていて、
それほどヘンテコリンにはなっていなかったのは幸いでした。
原田さんの変な趣味と、
今回の作品世界は比較的マッチしていたのだと思います。

ただ、素材は極めて平凡で展開にも意外性はなく、
アクションや暴力描写を含めて、
それほどオリジナリティも感じないので、
メインキャストのファンでない方には、
やや辛い鑑賞になるかも知れません。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

リセット・オロペサ&ルカ・サルシ 華麗なるオペラ・デュオ・コンサート [コロラトゥーラ]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前午後とも須田医師が外来を担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
リセット・オロペサ.jpg
アメリカの気鋭のコロラトゥーラ、
リセット・オロペサと、
イタリアのバリトン、ルカ・サルシのテデュオコンサートを、
聴きに行きました。

コロナ禍で海外のアーティストが来日する機会は、
殆どなくなっていましたが、
漸く最近になって、
海外の歌手の来日コンサートが企画され、
そのまま実現するようになって来ました。

こうしたリサイタルを聴きに行くのは、
もう4年ぶりくらいになります。

今回は非常に良かったですね。
生で良いコロラトゥーラを、
10年ぶりくらいに聴いた、という感じ。

若手実力派みたいな触れ込みで、
実際にはあまり活躍していなかったり、
二線級だったり、もう盛りをすっかり過ぎていたり、
ということも多いのですが、
今回の2人は間違いなく今が旬という感じで、
抜群というレベルには達していないかな、という気はしますが、
素晴らしい歌声を聞かせてくれました。

オロペサは音域も広く、
アジリタの廻しもなかなかです。
超高音がバシッと出る、
というところまではいかないのですが、
高音域も安定して声が前に飛ぶのはさすがです。
ビジュアルも写真の通りで、
表現力も豊かですから、
久しぶりに堪能させられました。

プログラムはまあ、
人気曲を一杯並べたという感じで、
「椿姫」もあれば「ルチア」もあって、
アンコールにはロッシーニの二重唱も歌いました。
正直狂乱の場はやや力不足という感じでしたが、
アンコールのロッシーニは、
力の抜けた歌唱で最良だったと思います。

来年はオペラの引っ越し公演も予定となっていますが、
どうなのでしょうか?
完全に元通りとはならないかな、という気もするのですが、
過度に期待は持つことなく、
なるべく良い歌がまた聴ける世の中を期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(3)  コメント(0) 

加藤拓也「ドードーが落下する」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は祝日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
ドードーが落下する.jpg
加藤拓也さんの作・演出による、
「劇団た組。」の新作公演が、
今横浜のKAATで上演されています。

加藤拓也さんのお芝居は、
今年の「もはやしずか」で遅ればせながらとても感銘を受け、
その文体の新しさにも痺れました。

それで今回もとても楽しみにして劇場に足を運びました。

今回も非常に意欲的な素材で、
魅力的な台詞劇でした。

ただ、青春群像劇のようなスタイルで、
加藤さんの実体験も反映されているような作品なので、
ちょっとテーマと作者の距離感が近過ぎるような感じ、
饒舌に走ってやや散漫になった感じが抜けませんでした。
「もはやしずか」の冷徹で研ぎ澄まされた、
結晶体のようなお芝居とはまた肌合いが違います。

夏目という、
ある特異なパーソナリティを持ち、
精神的に危うい部分のある、
若手のお笑い芸人と、
彼の仕事のパートナーでもあり、
友人でもある信也という人物との、
微妙な交流をテーマにした作品です。

これは前作でも感じたのですが、
この信也のような人物の描き方が、
加藤さんの戯曲の一番の特徴なんですね。
真面目で誠実なのですが、
相手とはちょっと距離を持って接していて、
相手の立場に立って物を考えるということは、
基本的にしないし、
何に対してもあまり当事者意識はないんですね。
この作品でも夏目を助けようと、
その都度色々な行動をするのですが、
それが相手を考えてのことでというより、
自分のアイデンティティを守るためなんですね。
それで繊細な夏目から、
そのことを強く責められるのですね。
普通徹底して詰められ責められれば、
もっとショックを受けても良いし、
夏目を逆に憎んでも良いと思うのですが、
次の場面では、
「少し前に気まずくなったんだよね」
くらいの軽い反応しかしていないのです。

面白いですよね。
こういうキャラというのは、
あまり演劇で描かれることがなかったし、
描かれても成功はしていなかったと思うのですね。

「もはやしずか」ではこうしたキャラの主人公が、
人格崩壊するような作品だったんですね。
それが今回は、
誰も夏目のことを理解は出来ず、
理解出来ないから離れて行くのですが、
信也だけはそうではなく、
親身にはならずに絶妙の距離感で接し続けるので、
結果としてラストで、
最早会話ですらない、
シュールなギャグという名の、
全く別個のコミュニケーションツールを使って、
交信することにおそらく成功するのです。

非常に微妙で繊細で、
感動的なラストだったと思います。

夏目が象形文字の話をするでしょ。
あれも意味があるんですよね。
言葉を超えたもの、
不可能なコミュニケーションを成立させる何か、
というのがそこに象徴されていて、
それがこの作品のテーマなのです。

ただ、今回の作品はちょっと集約感には乏しいのですね。
台詞が非常に美しいのに、
それをしっかり聴かせるという演出ではなくて、
やや散漫に多くの場面が流れて行きますし、
KAATの寒々とした空間が、
その空虚さをより強くしているような感じがありました。
僕は個人的にはあまりこうした空間が好きではないですね。
この劇場で観た芝居は、
演劇の魅力が正直2割減、くらいになっているような気がします。
また一部の役者に2役をさせているのですが、
それがあまり良い方向に機能していない、
という印象がありました。
この芝居は1人1役で、
やるべきではなかったでしょうか。

そんな訳でちょっとモヤモヤする感じはあり、
加藤さんの真骨頂と言う感じのお芝居ではなかったのですが、
加藤拓也さんが今の演劇界を代表する天才であることは、
これはもう間違いがないと確信しましたし、
これからもその作品には、
何を置いても駆けつけたいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

骨粗鬆症治療薬の止め方 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
骨粗鬆症治療薬の止め方.jpg
Journal of Internal Medicine誌に、
2021年9月28日ウェブ掲載された、
骨粗鬆症治療薬の中止に関する解説記事です。

慢性の病気に使用する薬というのは、
始め方と同じくらい止め方が重要です。

どんな薬でも、
確実に一生飲み続けた方が良い、
ということは基本的にはないからです。

ただ、臨床研究の多くは薬を使用した際の有効性や副作用に、
その力点を置いているので、
薬をどのようなタイミングでどのように止めることが、
最も科学的に正しい選択であるのか、
というような点については、
信頼のおけるデータが少なく、
ガイドラインなどでも言及されることが少ないのが実際です。

そのため2015年に薬の止め方に力点を置いた、
「薬の始め方・止め方」という本を書きました。

ただ、その本の中で言及していないのが骨粗鬆症治療薬です。

骨粗鬆症には長く有効な治療が存在しませんでしたが、
それが大きく変わったのは、
骨の表面をコーティングして骨吸収を強く阻害する、
ビスフォスフォネート製剤の飲み薬の開発で、
この薬の使用により、
骨塩量が増加し骨折リスクが明確に低下することが確認されたからです。

ただ、この薬の継続的な使用は、
抜歯の時に起こることのある顎骨壊死と、
大腿骨の幹の部分の非定型骨折のリスクを、
軽度ながら高めるような作用があります。

そのためビスフォスフォネートの長期使用時は、
一時的な休薬期間を設けることが、
そのリスクの軽減に繋がると考えられています。

その後ビスフォスフォネートに匹敵するか、
場合によりそれを凌駕する働きを持つ薬剤が、
複数開発されて一般にも使用が施行されています。

それが、抗RANKL抗体のデノスマブ(商品名プラリア)と、
副甲状腺ホルモン誘導体のテリパラチド(商品名テリボン)です。

このうちテリパラチドについては、
骨系腫瘍のリスクを長期使用により増加させる可能性が指摘され、
その使用は2年に制限されています。
つまり、中止の基準についてはかなり明確な薬剤です。

一方でデノスマブについては、
破骨細胞の形成を阻害する作用を持ち、
骨吸収をビスフォスフォネートより強力に抑制しますが、
その使用終了の明確な基準はなく、
そのメカニズムから破骨細胞の分裂した細胞が、
使用により蓄積し、
それが薬剤投与の中断により、
破骨細胞の急激な増加に繋がる可能性が指摘されています。

それでは、ビスフォスフォネートとデノスマブを、
骨粗鬆症の骨折予防のために1年を超えて継続使用した時、
薬はいつどのタイミングで、
どのように止めることが適切なのでしょうか?

2006年のJAMA誌に掲載されたFLEXという臨床試験の結果によると、
ビスフォスフォネート製剤であるアレンドロネートを、
5年間使用してから中止しても、
非椎体骨折の予防効果は維持されていました。
しかし、5年の使用でも骨量が低値のままであると、
中止により骨折リスクの増加が認められました。
ゾレンドロネートという別のビスフォスフォネートを使用した臨床データでは、
3年間使用継続後に中止すると、
椎体骨折のリスク増加が認められましたが、
6年使用継続後に中止すると、
骨折リスクの増加は認められませんでした。

これらの結果からは、
ビスフォスフォネートは少なくとも5年以上継続し、
その時点で骨量が一定レベルに保たれていれば、
中止して様子をみることは選択肢として無理がない、
ということを示しています。

一方でデノスマブについては、
その使用を中止すると、
その7から9か月後より骨吸収は上昇し、
1年後には使用開始前より50%を超えて増加する、
と報告されています。
このリバウンド的な骨吸収の増加により、
中止後18か月で治療による骨量の増加は、
元に戻ってしまうのです。

2021年のthe Journal of Internal Medicine誌に掲載された、
台湾の臨床データの解析によると、
デノスマブを1年以上使用していて使用を中止すると、
そのまま継続していた場合と比較して、
その後椎体骨折のリスクは2.18倍(95%CI:1.46から3.24)
有意に増加しており、
これが2年以上継続してからの使用中止になると、
椎体骨折のリスクは3.58倍(95%CI:1.74から7.40)と、
より高い増加を示していました。
大腿骨頸部骨折などの非椎体骨折に関しては、
有意な増加は認められませんでしたが、
2年以上使用後の中止では増加する傾向は示していました。

一方でビスフォスフォネートの同様の検討では、
1年以上の使用後の中止では有意な骨折の増加は認められず、
2年以上の使用後の中止においては、
椎体骨折のみ2.02倍(95%CI:1.07から3.08)と、
有意な増加が認められました。

つまり、デノスマブはその中断により、
1年以内に骨折のリスクがリバウンド的に増加する可能性が高く、
使用の中断には慎重な判断が必要な薬剤です。
ビスフォスフォネートも中断により骨折リスクは増加しますが、
中断後も一定の骨折予防効果がかなり長い間維持され、
その後の骨折リスクの増加もゆるやかです。

従って、この特徴をよく理解した上で、
どの薬剤を骨粗鬆症予防に使用するべきか、
将来を見据えた上で選択を行う必要があるのです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0)