So-net無料ブログ作成

2019年12月のフランス、新型コロナウイルス感染事例 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日で診療は午前中で終わり、
午後は事務作業の予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
フランスの新型コロナ一例目?.jpg
Antimicrobial Agents誌に2020年5月3日ウェブ掲載された、
従来言われているより早い時期に、
新型コロナウイルスの感染症が発生していたのでは、
というフランスからの報告です。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は、
2019年12月に中国武漢市周辺で発生し、
日本での最初の事例は2020年1月15日に確認されています。
1月6日に武漢市より帰国をした方です。
フランスにおいては同じく武漢市に滞在歴のある旅行者から、
2020年1月24日に確認されたのが最初の事例とされています。
しかし、実際には2019年12月からは、
季節性インフルエンザの流行があり、
インフルエンザ肺炎の事例も複数報告されていました。
その時点では新型コロナウイルス感染症を疑ってのPCR検査などは、
殆ど行われてはいなかったので、
そこに紛れ込みの事例があった、
という可能性は否定出来ません。

今回の報告はパリに近い集中治療室を持つ病院において、
2019年12月2日から2020年1月16日の間に、
インフルエンザ様症状で集中治療室に入室し、
呼吸器や鼻腔の検体サンプルが保存されていた患者の、
新型コロナウイルスのPCR検査を改めて施行したものです。

その結果、1例のサンプルでPCRが陽性となりました。

その患者はアルジェリア出身で長くフランス在住の42歳の男性で、
中国への渡航歴はありません。
肺炎のため2019年12月27日に入院しています。
その時の胸部CT画像がこちらです。
フランスの新型コロナ1例目?のCT.jpg
新型コロナウイルス肺炎に典型的な、
多発性のすりガラス陰影と記載されています。
ただ、陰影は片側が優位で、
区域性に広がっているようにも見えます。
個人的にはとても典型的な像、
とまでは言えないように思います。

この1例だけで2019年の12月から、
新型コロナウイルス感染症がフランスに広がっていた、
とまでは言えないように思いますが、
日本でも同様の事例のある可能性は充分にあり、
こうした検証も行うことによって、
現状は感染経路の特定が困難な事例においても、
また別の見方が出来るようになるかも知れません。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(1) 

nice! 6

コメント 1

人力

お久しぶりです。「人力go」の人力です。原発事故の当時は色々とお世話になりました。

京都大学と岡山大学の研究チームが、昨年10月頃より「s型」が、その後「k型」が日本に侵入していたが、武漢騒動の前なので補則されずに感染が拡大した。「s型」には免疫効果は無いが「k型」は免疫を獲得する効果があり、コレが2月から3月に掛けて流行して日本人は集団免疫を獲得している可能性が有るという魅力的な仮説を発表しています。その為、ヨーロッパ株が侵入しても重症者は「k型」に感染する機会の無かった入院中の患者や高齢者施設の入居者が多いと推測しています。

実際に私の周辺でも昨年末から2月に掛けて咳の酷いインフルエンザに似た風邪が流行していましたが病院でもインフルエンザは陰性で、アレルギー性の気管支炎と診断されステロイドが処方されたりしていました。

私自身も1月15日に発熱と倦怠感、翌日には解熱していましたが、その後、酷い咳の症状に苦しみました。

当然家内も感染していると思うのですが、コロナの抗原検査はIgGのラインが時間が経過後に薄らと出た程度。職場では50代後半のスタッフのみ反応が出て若いスタッフは陰性だったそうです。コレは中国の論文にある発症者でも6%が陰性で若年者程抗体量が少ないという報告に合致している様に思われます。

東アジアは欧米に比べて人工当たりの死者が二桁程度低い理由は、京大-岡山大仮説でキレイに説明出来っると思うのですが、如何でしょうか?
by 人力 (2020-05-18 14:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。