So-net無料ブログ作成

「ファントム・オブ・パラダイス」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
ファントム・オブ・パラダイス.jpg
これは僕の大好きな映画「ファントム・オブ・パラダイス」です。
一種のカルト映画で、
お好きな方も多い作品です。

監督のブライアン・デ・パルマは、
今も活躍するアメリカの映画監督ですが、
本当に冴えていたのは、
デビューから1976 年の「愛のメモリー(最悪の邦題!)」までで、
その後「アンタッチャブル」でメジャーになりますが、
あれも悪い映画ではなかったものの、
以前の「悪魔的」な冴えは、
すっかり消え失せていました。

僕はデ・パルマの初期の作品が大好きで、
それはピーター・ジャクソンや、
ロマン・ポランスキーの初期作品に似ていますが、
両者と同じようにあまり万人向きとは言えません。
要するに趣味全開でやり過ぎなのです。

デ・パルマの初期作品は、
1973年の「悪魔のシスター」から始まり、
1974年の「ファントム・オブ・パラダイス」、
1976年の「キャリー」と「愛のメモリー」に続きます。
僕はこのうち「キャリー」と「愛のメモリー」は名画座で観ていて、
他の2本はテレビとビデオが初見です。
(実際には1973年以前の監督作品もありますが、
僕は観ていませんし、
一部はソフト化されていますが、
日本で劇場公開はされていません)

この全てが好き嫌いはありますが、
他に類のない作品であることは間違いがありません。

中でも最高なのが、
この「ファントム・オブ・パラダイス」です。

この作品は脚本・監督がデ・パルマで、
要するに彼のやりたい放題の、
プライヴェートフィルムの色彩が強いものです。
ロック・ミュージカルと紹介されることが多いのですが、
その先入観で観るとちょっと違います。

オープニングからエンディングまで、
ともかくセンスに溢れ、
楽しくてワクワクし、
ラストは切なくて、
別の次元に誘われる気分がするのです。
ヒッチコックからキューブリック、コッポラまで、
映画の引用も満載です。

題名で分かる通り、
この映画は「オペラ座の怪人」のパロディです。
元ネタは醜い顔を持つ作曲家が、
パリオペラ座の地下深くに潜み、
不遇の歌姫を見初めて、
彼女をスターにするために、
暗躍する話ですが、
こちらは、
自分の音楽作品を、
音楽プロデューサーに騙し取られた冴えない作曲家が、
レコードのプレス機に挿まれて顔面を負傷し、
仮面の怪人となって、
音楽プロデューサーに、
復讐しようとする話です。
勿論不遇の歌姫も登場します。

ただ、その悪徳プロデューサーが実は…
という捻りがあり、
後半は「オペラ座の怪人」とは、
次元の違う物語に昇華してゆくのです。

その謎の悪徳プロデューサーを演じているのが、
ソングライターのポール・ウィリアムスで、
その筋では非常に高名な方ですが、
彼が作品の全ての楽曲をプロデュースしています。
僕はサントラも持っていますが、
これは最高で、
レセプトのチェック作業をする時には、
デセイ様の「フランスオペラアリア集」と、
交互に聴きながら作業をしています。

主役の怪人はデ・パルマのお友達のフィンレイで、
不遇の歌姫には後に「サスペリア」の主役を演じる、
ジェシカ・ハーパーがキャスティングされています。

この作品の素晴らしさの1つは、
藝術とそれが商品化されるということとの葛藤が、
結構深い次元で捉えられている、
ということで、
その溝を軽々と飛び越える悪徳プロデューサーが実は…
というところで、
その本質的な部分に切り込んでいるのです。
また、もう1つの魅力は勿論、
怪人の歌姫に寄せる切ない愛情で、
ラストの永遠が無限に引き伸ばされたような瞬間が、
無残に観る者の胸をかきむしるのです。

所謂「カルト・ムービー」なので、
万人向きではありませんが、
お好きな方にとっては、
一生忘れられない映画になることは間違いありません。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。