SSブログ

唐十郎「さすらいのジェニー」(唐組・第65回公演) [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
さすらいのジェニー.jpg
唐組の第65回公演として、
1988年に下町唐座で初演された「さすらいのジェニー」が、
唐組版として上演されました。

元々は2020年春に上演の予定でチケットも買っていたのですが、
新型コロナの影響で延期となり、
日程も縮小して秋の下北沢での上演となりました。
チケットは振り替えです。

初演は2回観ています。
上演期間は結構長かったのですが、
急遽追加公演があって、
柄本明さんが演じたベロ丸を、
麿赤児さんが演じるという趣向でした。
状況劇場の退団後に、
麿さんが唐先生と一緒に舞台に立つことは、
それまで一度もなかったので、
これは絶対行かないと、と思い、
二度目の観劇となったのです。

ただ、舞台成果はそれほど充実したものではありませんでした。

端的に言えば、
下町唐座という安藤忠雄さんによる仮設大劇場が、
唐先生のお芝居には、
あまり合っていなかったのですね。
何より大きすぎて、客席から舞台を見下ろすような、
普通の劇場だったので、
劇の雰囲気との間に大きな乖離がありました。

舞台設定もね、
保健所の前の道路が水没している、
というト書きなのですが、
初演の舞台は大きなプールになっていて、
とてもそんなイメージじゃないのですね。
3幕で本の巨大化した背表紙が書き割りのように出て来るのですが、
舞台の高さが埋まらないので、
とても間抜けに感じました。

その点今回の久保井研さん演出の舞台は、
とても等身大に作られていて、
ラストなどはもう少しスケール感が欲しいな、
というようには思うのですが、
初演より作品世界は遙かに明確になっていて、
とてもとても分かり易い、
唐先生の下町大冒険の世界観が体現されていました。

天井は初代の状況劇場の紅テントがそのまま使われていて、
両サイドは換気のためにふさがず、
周囲をボードで仕切っていました。
いつものテントより野外に近い雰囲気が、
またミニマルでとても良い感じです
雨天は最悪であったようですが、
幸い観劇当日は雨は降らず、
唐先生の世界にどっぷりと浸ることが出来ました。

音効は一部初演のものが使われていました。
初演は五輪真弓の「恋人よ」の前奏が、
何度も流れるのですが、
それは使われていませんでした。

そんな訳でいつもながらとても充実した、
今ではもうアングラ文化財として、
未来永劫守りたいような素敵な世界で、
勿論そうした保守的な観点は、
アングラの本来とは相容れないものなのですが、
唐先生と共に青春を過ごしたかつての演劇青年としては、
この甘美な郷愁に抗いがたいものを感じているのです。

素敵でした。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(3)  コメント(0) 

「スパイの妻」(黒沢清監督) [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前午後とも石原が外来を担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
スパイの妻.jpg
黒沢清監督の新作が今ロードショー公開されています。

厳密に言えばNHKのドラマの映画仕様、
ということのようですが、
黒沢監督は大好きなのでこれはもう見逃せないと、
映画館に向かいました。

黒沢監督は以前から、
テレビドラマとして先行して、
その後劇場公開、というような作品が、
比較的多いですね。
それがいずれも評価が高い、
というところも特徴です。

1940年を舞台として、
高橋一生さん演じる謎めいた貿易商と、
蒼井優さん演じるその妻が、
ある軍の機密を巡って心理戦を演じるという物語。

黒沢監督としては異質な感じもする素材ですが、
監督自身の言葉などを読むと、
これまではあまり扱わなかったテーマに、
敢えて取り組んでみたかった、
ということのようです。

この素材をこうした映画にすることには、
ちょっと疑問に思うところもあるのですが、
映像としては凝りに凝っていて、
黒沢監督の技巧的な世界を、
存分に味わうことが出来ます。

今回はフリッツ・ラングのような、
第二次大戦前後のスパイ映画の様式を、
なぞっているような感じがあります。
台詞は今の映画としては時代色を上手く出していて、
擬古典というようなスタイルです。
ちょっと森田芳光監督の「それから」を思い浮かべました。

高橋一生さん、蒼井優さん、いずれも、
かなり充実した熱演で見応えがあります。
2人の幼馴染の憲兵役の東出昌大さんを含めて、
いずれも底の知れない、
得体の知れない役者が3人揃ったという感じです。

そんな訳で素材の扱いを除けば、
黒沢監督の映画技巧が堪能出来る作品で、
その陰影豊かな映像美を含めて、
大きなスクリーンで体感する意義のある映画だと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

新型コロナウイルス感染症の液性免疫(アイスランドの疫学データ) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は金曜日でクリニックは休診ですが、
老人ホームの診療や産業医活動には廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
アイスランドの抗体測定.jpg
the New England Journal of Medicine誌に2020年9月1日ウェブ掲載された、
新型コロナウイルス感染症罹患後の抗体価の推移を検証した、
アイスランドの疫学データをまとめた論文です。

ウイルス感染症の回復期には、
通常IgG分画に属する抗体価が上昇し、
ウイルスの抗原に結合してそれを中和する性質を持っているので、
その抗体が一定レベル以上に保たれている間は、
同じウイルスの感染が発症することはありません。

ただ、そのウイルスによって、
感染防御抗体が維持される期間は様々です。

新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の場合、
当初は抗体価が上昇すれば、
それは1年くらいは維持されて、
再感染は予防されると考えられていました。

しかし、その後の検証では、
抗体は一旦上昇しても、
2ヶ月程度で陰性化することが、
決して稀ではないということが報告されるなどして、
その意義も含めて抗体についての議論は、
混沌とした状況になっています。

今回の検証はアイスランドにおいて、
30576名の住民の血液中の新型コロナウイルス感染に対する抗体価を、
ウイルス抗原に反応する全てのIgG抗体の測定系2種を含めて、
6種類の測定法で測定し、
その経過を検証しています。
このうち1237名の2102検体は、
遺伝子検査にて新型コロナウイルス感染症と診断されてから、
4ヶ月までに測定され、
感染の濃厚接触者4222名と、
感染者との接触歴のない23452名が含まれています。

その結果、
新型コロナウイルス感染症から回復した1215名のうち、
91.1%に当たる1107名で複数の測定法において抗体価は陽性化していて、
その抗体価は少なくとも4ヶ月はそのまま維持されていました。
濃厚接触者での測定では、
全体の2.3%で抗体価は陽性化していて、
接触歴のない集団での陽性率は0.3%でした。
ここからの推計として、
アイスランドにおいては全人口の0.9%が、
新型コロナウイルスに感染しており、
致死率は0.3%と算出されました。
アイスランドにおいては、
新型コロナウイルス感染者の56%が遺伝子検査で診断されていて、
14%は濃厚接触者で診断には至らず、
30%は接触歴がなく検査も未実施の感染者と推測されました。

このように、
大規模な住民レベルの検証において、
抗体の陽性率は0.9%と低く、
一旦陽性となった抗体は、
少なくとも4ヶ月は維持されることが、
複数の測定系を用いた検証により確認されました。

こうした検証は世界の各地域で行われていますが、
必ずしも一致した傾向を示しているとは言い難く、
今後知見が積み重ねられることにより、
より普遍的な知見が得られることを期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

認知機能低下と睡眠時間 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
認知機能低下と睡眠時間.jpg
JAMA Network Open誌に、
2020年9月21日ウェブ掲載された、
認知機能低下と睡眠時間についての論文です。

睡眠と認知症との関連についてはこれまでにも多くの報告があります。

昼間の眠気や居眠りについては、
認知症のリスクや認知機能低下のリスクと、
関連があるという報告が複数あり、
これは脳の覚醒機能の低下によるものと考えられています。

睡眠時間と認知機能との関連についても複数の報告がありますが、
睡眠時間が長い方が認知機能の低下と関連がある、
と言う報告がある一方で、
睡眠時間と認知機能との間には関連はない、
という報告もあってその見解は割れています。

2017年のNeuroapidemiology誌に掲載されたメタ解析では、
20の疫学研究における、
トータルで53942名(平均年齢66.9歳)のデータをまとめて解析した結果、
7から8時間未満という平均の睡眠時間と比較して、
8時間から10時間以上という長時間の睡眠は、
認知機能低下のリスクを1.42倍(95%CI:1.27から1.59)、
軽度認知機能障害のリスクを1.38倍(95%CI;1.23から1.56)、
認知症のリスクを1.42倍(95%CI:1.15から1.77)、
それぞれ有意に増加させていました。

これは睡眠時間が長い方が、
認知症のその後の発症リスクは高い、
という結果です。

日本の代表的な疫学データの1つである、
九州の久山町研究のデータの解析では、
登録の時点で60歳以上で認知症のない、
トータル1517名の一般住民を対象として、
中央値で8.8年間の経過観察を行い、
睡眠時間と認知症の発症、および生命予後との関連を検証。
その結果、睡眠時間が5時間未満と少なくても、
10時間以上と多くても、
いずれも認知症のリスクも総死亡のリスクも、
有意に増加していました。

今回の研究はイギリスと中国の2つの大規模疫学データを、
まとめて解析したもので、
トータルで20065名を長期間経過観察した結果、
1日7時間の睡眠時間を基準とした時、
4時間以下と短くても、10時間以上と長くても、
いずれも認知機能低下のリスクは高くなっていました。

これは久山町研究と一致する結果です。

ただ、これはそうした睡眠の習慣自体がリスクであるのか、
それとも睡眠時間を短くしたり長くしたりするような、
病気や薬などの影響がそうした結果をもたらしているのか、
そうした点は分からない、ということには注意が必要です。

また今回の睡眠時間のデータは、
あくまで本人の申告によるものですが、
眠れない、と主張する人に限って、
実際には意外に多く寝ている、
というようなことも経験しているので、
それをそのまま鵜呑みにしてデータ化することにも、
問題はあるように思います。

いずれにしても、
レビー小体型認知症における、
レム睡眠行動異常(夜に夢を見て実際に暴れたりする)は、
認知症に先行にしてかなり早い時期から出現している、
という知見もありますし、
認知症と睡眠というものは、
かなり関連の深いものであることは確かなようです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

新型コロナウイルス感染症の集団免疫 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日なので診療は午前中で終わり、
午後はインフルエンザワクチン接種などで都内を廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
コロナウイルスの集団免疫.jpg
JAMA誌に2020年10月19日ウェブ掲載された、
新型コロナウイルス感染症の集団免疫についての解説記事です。

新型コロナウイルスに限らず、
全ての感染症はある集団において、
一定の比率以上の人が免疫を獲得している状態では、
少なくともクラスターと呼ばれるような、
大規模な感染を起こすことはありません。

これを極端な言い方で言えば、
「感染症を集束させるには、みんなで罹ってしまえばいいのだ」
ということになります。

確かにそれが殆どの人で軽く終わる病気であり、
感染力もそれほど強くないと仮定すれば、
それも一理ある考え方であるということは言えます。

ワクチンというのは主にその目的のために接種するものです。
病原体を弱めたり、その一部分のみを使用したりすることにより、
その感染症の症状を強く発現することなく、
免疫を獲得することを目的とした予防法です。
これは端的に言えば、
「その病気に軽く罹る」ということを、
科学的に達成しようとしたものです。

新型コロナウイルス感染症が、
欧米で急激な感染拡大を示した時期に、
感染拡大を防ぐのではなく、
健常な人はむしろ積極的に接触を繰り返して、
集団の抗体保有率を高めれば、
結果として集団免疫が成立して感染は集束する、
という考え方が一部で広がり、
スウェーデンではそれに似た試みが、
国家レベルで行われましたが、
現状では通常に近い感染対策に変更されているようです。

集団免疫が成立するかどうかは、
その病気の感染の広がりの強さで決まります。
その指標として通常使用されるのが、
それは基礎再生産数(R0)という指標です。

R0というのは、
その時点で1人の患者が何人に感染を広げるのかを、
示す数値です。

新型コロナウイルス感染症のR0は、
これまでのところ2から3と推測されています。

この数値が1を上回っている限り感染は拡大します。

従って、感染を封じ込めるためには、
感染者を隔離するなどして、
この数値を1に近づけ、それより低下させる、
という必要がある訳です。

ここで集団免疫により感染を集束させるためには、
人口の50から67%が感染して免疫を獲得しないといけない、
と計算されます。

これをアメリカの例で考えると、
現状の抗体保有率はまだ10%に満たないため、
それを約60%にするためには、
今後数十万人以上の追加死亡を発生させないと、
達成は出来ないということになります。
これはどう考えても現実的な対策とは言えません。

当面集団免疫という考え方は、
現実的な感染集束法とは言えませんが、
今後ワクチンが使用可能となった場合には、
その有効性の1つの指標として、
議論されるようになるかも知れません。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0)