SSブログ
2022年07月| 2022年08月 |- ブログトップ

小児期の喫煙が脳に及ぼす影響 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日なので診療は午前中で終わり、
午後は産業医面談で都内を廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
子供の喫煙の脳への影響について.jpg
JAMA Network Open誌に、
2022年8月10日ウェブ掲載された、
小児期の喫煙が脳の発達に与える影響についての論文です。

喫煙習慣に多くの健康上の悪影響があることは、
科学的に実証され、一般にも認知された事実です。

ただ、未だに明確ではないのは、
脳の機能が完成していない小児期に喫煙を習慣とした時の、
その後の脳機能に与える影響です。

アメリカでは小学生くらいの年齢でも、
喫煙習慣のある小児が少なからず存在しているようです。
また、仮に受動喫煙にもこうした影響があり得るとすると、
ヘビースモーカーの家に生まれたお子さんも、
そうした影響を受ける可能性があるのです。

今回の研究はアメリカの複数施設において、
小児の脳の発達を検証した疫学データを活用して、
小児の喫煙習慣と脳の機能との関連を比較検証しています。

9から10歳の11729名を対象として聞き取りを行なったところ、
そのうちの116名が喫煙習慣を持っていました。

非喫煙と比較して喫煙習慣のある子供は、
経験に基づいて形成される脳の働きである、
結晶性知能の指標が有意に低下しており。
形態的には皮質の容量も小さくなっていました。

この結果は他に認知機能に影響を与えるような因子を、
補正して検証されていますが、
小児期に喫煙習慣のある子供は、
他にも脳や発達に悪影響を与える習慣を、
持っている可能性は高いと想定されるので、
この結果を鵜呑みにすることは危険です。

ただ、これまであまり触れられることのなかった、
小児期の喫煙の影響についてのデータが、
発表された意義は大きく、
今後この分野の研究が進むことを期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(3)  コメント(1) 

ダイエットに対する食事時間制限の有効性 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
時間制限食の有効性.jpg
JAMA Internal Medicine誌に、
2022年8月8日掲載された、
食事時間を制限するダイエット法の効果についての論文です。

肥満は心血管疾患など多くの病気のリスクとなり、
体重を適切に減らすことにより、
そのリスクの低減に繋がることも分かっています。

そのため、多くの減量法が開発されていますが、
科学的にその効果が立証されているものは、
実際にはあまり多くはありません。

摂取カロリーを制限する低カロリーのダイエットは、
その数少ない長期の有効性の確認されている減量法ですが、
その1年継続後の有効性は、
臨床試験においては体重の5%未満の低下にとどまっていて、
リバウンドも多いのが実際です。

そこでカロリー制限に組み合わせるダイエット介入として、
今回検討されているのが、
食事を摂る時間を制限するという方法です。
「夜食べると太る」というのは、
一般にも広く言われていることですが、
代謝の低下する夜間帯にカロリーを摂取し、
それから寝てしまうことは、
理屈から考えても、
体重増加の要因とはなりそうです。

ただ、実際にその影響が、
科学的に実証されているとは言えないのです。

最近では2022年4月にthe New England Journal of Medicine誌に、
中国での臨床試験データが報告されていますが、
通常の食事時間と比較して、
朝8時から午後4時までに食時間を制限しても、
統計的に有意な減量効果の差は認められませんでした。

今回の研究はアメリカにおいて、
25から75歳でBMIが30から60の肥満者、
トータル90人をくじびきで2つの群に分けると、
一方は通常の低カロリーのダイエットを行い、
もう一方はそれに加えて食事可能な時間を、
午前7時から午後3時までに制限して、
14週の減量治療の効果を比較検証しています。

その結果食事時間を制限しない場合と比較して、
昼間の8時間のみに制限すると、
体重減少は2.3キログラム(95%CI:-3.7から-0.9)多く認められました。
ただ、体脂肪量の変化などの他の指標については、
明確な差は認められませんでした。

今回のデータは4月のNew England…とほぼ同じ条件で行われていますが、
その結果は異なっています。
ただ、New England…のデータでも、
有意ではないものの減量効果は食事時間制限群でやや上回っていて、
一定の有効性のある可能性は残っているように思います。

この問題はまだ未解決と考えた方が良さそうです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(2)  コメント(0) 

遠ざかって見る、ということ [身辺雑記]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は8月15日でクリニックはお盆の休診です。

明日16日からは通常通りの診療に戻ります。

今日は雑談的な話です。

①夕日観音
夕日観音は奈良の柳生街道滝坂道という古道にある石仏です。

僕はこの石仏を偏愛していて、
定期的に訪問してはお逢いしていたのですが、
一度転んで手首を骨折してから少し遠ざかり、
少しして再会はしたのですが、
ここ数年はコロナでまた行く機会は減り、
その後大雨で柳生街道の一部が崩れたりもして、
果たしていつまで石仏がそのままの姿で残っているのだろうかと、
不安にも感じながら、
時々夢に登場するその姿を、
懐かしく思いつつ日々を過ごしていました。

かなり前に撮ったものですが、
そのお姿がこちらです。
夕日観音.jpg

通称仏像岩と呼ばれる岩盤が街道に面していまして、
そのかなり上の方にいらっしゃるのですね。
遠くに目を凝らすと街道からは幽かに見えると言う感じで、
この写真を撮るには、
かなり岩盤をよじ登らないといけないのです。

それが最近では、
大雨などの影響で落石注意のシートが掛けられ、
もう近づけない状態となっています。

先日久しぶりに柳生街道をここまで登りまして、
そのお姿を遠くに見上げました。

以前でしたら、
無理矢理でも岩盤をよじ登って、
仏様の前まで行かないと納得出来ない、
そうしないとお会いしたことにはならない、
という気分であったのですが、
その時は体力的にもきついということもあったのですが、
ああ、こうして遠くから眺めやるのが、
おそらく本来の姿なのだな、
という思いが強くて、
そのまま「遠見」のみでその場を後にしました。

何度も遠ざかりながら、
背後に目をやると、
すぐに仏様の姿は視界から消えるのですが、
その刹那に、
「あれっ?」と思うような瞬間、
何か大切なものを見落としたような思いに、
後ろ髪をひかれるようなところもあるのです。

②遠見ということ
昔は近くで見たかったんですね。
何でも近くで見ることが重要であるように感じていました。

コンサートや演劇もかぶりつきで観たい、聴きたい、
という思いが強くで、
それでないと納得が行かなかったのです。

小学生の時に「ファーブル昆虫記」を買ってもらって、
当時の子供の常で一時期は昆虫に夢中になりました。
土の上や岩の下に目を凝らして、
小さな蟻やその他の虫の姿を、
ともかく近くで近くで見ることが意味のあることのように、
何かをクローズアップして、
そこに焦点を合わせることが重要であるように感じていました。

でもそれが可能なのは若いからですよね。

年を取ると矢張り最初に駄目になるのは目で、
目を凝らしても近くは見えず、
虫の世界を見ることは難しくなりました。

ああ、この世界にはもう入れないのだと、
人生の大切な能力をもう失ってしまったんだと、
気が付いた時には愕然としました。

演劇もコンサートも、
かぶりつきで観ても今は遠いという感じなんですね。
もっと近づきたいのだけれど近づけない感じ、
視力が落ちるとともに視野が狭くなってくるんですね。
前はもっと世界は広がりを持って見えていた筈なのに、
いつの間にか、
世界はシュルシュルと縮んてしまっていたのです。

そうなると、
もう近くを見ることを捨てないといけないのかも知れません。

最近ふとそんなことを考えるようになりました。

石仏や仏像も、
以前ならなるべく近づいて見なければ納得がいかなかったのですが、
今は輪郭が少しぼやけるくらいの距離感の方が、
今の僕にとっては相応しいのではないか、
そうした時期に来ているのではないかと感じるようになったのです。

そうしてみると、
また世界は別の見え方をして来るような気がします。

何処までも近く深くクリアなものを求める世界から、
もっと曖昧で俯瞰的で静かな世界へ。

③時間を遠ざかるということ
年を取るにつれ、
近付くことより遠ざかることの方が自然に思えるのは、
それが一方向性の時の流れに、
合致しているからかも知れません。

そう、遠ざかる距離というのは空間的なものであると同時に、
時間的なものでもあるのです。

僕達は常に、
誰かから遠ざかり続けています。

それに気が付くのは、
矢張り年齢を重ねたからかも知れません。

僕は今あなたの目の前にいて、
そこからゆっくりと遠ざかって行く。
少しずつ少しずつ遠ざかって行くと、
いずれはもう彼方にいるあなたを、
僕の視力は捉えることが出来なくなる。

その瞬間、
僕の視野からはあなたは消えることになるのだけれど、
勿論その瞬間からあなたは存在しなくなる訳ではなくて、
僕の現実を捉える感覚が、
そこで限界を超えたということなのです。

この瞬間を僕は大事にしようと思うようになりました。

視覚という感覚の限界があなたを見失う瞬間、
あなたの存在を確認するのは、
「あなたはそこにいる」という思いだけになります。

見えないものを見ようとする、それが遠見なのです。

④遠くへもっと遠くへ
谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」は、
形が朧にしか見えない闇の中に、
真の美を見出すという話で、
これは寺山修司の完全暗転にも繋がっているのですが、
視覚を奪う要素は闇以外にもあって、
それが距離なのです。
距離は闇と同じように視覚の限界を示し、
その彼方に見えないものを見せようとするのです。

時間が一方向にしか流れて行かない限り、
人生は全てを彼方に去らせて行くのですが、
それに抗う訳ではなく、
彼方に去るものに目を凝らして、
それが消え去る刹那に、
見えない何かを見たいと思います。

今日は雑談でした。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

新型コロナワクチン接種の感染後心血管疾患予防効果 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
ワクチン接種の心血管疾患予防効果.jpg
JAMA誌に2022年7月22日ウェブ掲載された、
新型コロナワクチン接種の、
新型コロナウイルス感染の合併症予防効果についてのレターです。

新型コロナワクチンには、
重症化予防効果があるとされています。

これは通常感染に伴う入院や死亡のリスクが、
ワクチン接種者では未接種者と比較して、
低くなっていることがその根拠となっています。

これは感染に伴う急性期の重症化リスクですが、
新型コロナウイルス感染症では、
全身の血栓塞栓症のリスクが高まり、
発症1か月以降を経過した後にも、
心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患のリスクが高まることが知られています。

それでは、
こうした感染後時間を経過した後での、
心血管疾患リスクの増加に対して、
ワクチン接種は予防効果を示しているのでしょうか?

この点についてはあまり明確なデータが存在していませんでした。

今回の研究は韓国において、
2回以上のワクチン接種を施行した、
168310名の新型コロナ感染者と、
ワクチン未接種の62727名の新型コロナ感染者を対象として、
新型コロナウイルス感染症の診断から、
31日から120日の間に発症した、
心筋梗塞や脳卒中の発症リスクと、
ワクチン接種との関連を比較検証したものです。
ワクチンは2種類のmRNAワクチンとウイルスベクターワクチンで、
その種別による違いは検討されていません。

その結果、
心筋梗塞と脳卒中を併せたリスクは、
ワクチン未接種者と比較して2回以上接種者では、
58%(95%CI:0.29から0.62)有意に低下していました。

個別に見ても、
心筋梗塞の発症リスクが52%(95%CI:0.35から0.94)、
脳卒中(虚血性梗塞)の発症リスクが60%(95%CI:0.26から0.63)と、
どちらも有意に低下していました。

これは具体的には、
ワクチン非接種の発症数が31件で、
ワクチン接種者の発症数が74件、
人口100万人1日当たり、
6.18件と5.49件の差ですから、
それほど大きなものではありませんが、
ワクチン接種が所謂新型コロナ感染の後遺症的な部分にも、
一定の有効性を示すことを示唆するものとして興味深く、
今後他の後遺症状についても、
検証が行われることを期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(3)  コメント(0) 

デルタ株とオミクロン株の死亡リスク比較(イギリスの疫学データ) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前午後とも石田医師が診療を担当する予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
オミクロンとデルタの死亡率比較.jpg
British Medical Journal誌に、
2022年8月2日ウェブ掲載された、
新型コロナのオミクロン株とデルタ株の生命予後を比較した論文です。

オミクロン株の感染まだ猛威を振るっています。

日本では2022年の1月からオミクロンのBA.1株の流行が始まり、
それが徐々にBA.2にシフトして、
7月からは本格的にBA.5主体の流行となっています。

2022年1月から3月くらいまでに感染した人は、
今年の7月以降には再感染しているのが今回の特徴で、
同じオミクロン株であっても、
BA.1とBA.5はその性質が異なり、
交差免疫は成立していないことが分かります。

BA.1の流行時期には、
2021年のデルタ株の感染と比較して、
オミクロン株の潜伏期は3日より短いことが多く、
殆どが軽症で味覚嗅覚障害も少ない、
というのが定説で、
それは誤りではなかったと思いますが、
BA.5の流行に至って、
高熱などで急に発症する事例が多く、
潜伏期もやや長めで、
トータルな病状としては軽症であっても、
全身倦怠感や咳などの症状はより長く持続し、
所謂後遺症とされる事例は多く、
味覚嗅覚障害も増えている、
という印象があります。

これは勿論1か月でせいぜい300例程度の、
クリニックの外来で関わった事例のみでの印象ですから、
裏付けとなる根拠はないのですが、
その性質が変化していること自体は、
事実として捉えて良いように思います。

今回のデータはイギリスにおいて、
デルタ株とオミクロンBA.1株の死亡リスクを比較したもので、
今はBA.5の流行期であることを思えば、
かなり周回遅れのきらいのある内容ですが、
査読を通して検証された論文というのは、
一定の時間は発表までに要するものなので仕方がありません。

これまでのデータは、
主にその流行時期によって、
どの株の流行であるかを推測する、
という手法を取っていたのですが、
今回のデータは遺伝子検査で確認された事例を扱っていて、
総数は18から100歳の1035149名という、
非常に大規模なものである点に特徴があります。

その結果、
デルタ株と比較したオミクロンBA.1株感染時の死亡リスクは、
66%(95%CI:54から75)低く、
特に18から59歳の死亡リスクは86%低くなっていて、
一方で70歳以上の死亡リスクは56%の低下に留まっている、
と計算されました。

このように、
オミクロンBA.1株の感染が、
非常に軽症で常感冒に近い感染症である、
という点は、
事実と確認されたと言って良いのですが、
BA.5株の感染はそれとはやや性質の異なるもので、
その検証と今後の変異の動向自体は、
まだ慎重に経緯をみてゆく必要がありそうです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

尿路結石小結石同時切除の再発予防効果 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

ちょっとバタバタしておりまして、
ブログの更新をお休みしていました。
また再開しますのでよろしくお願いします。

今日は金曜日なのでクリニックは休診です。
明日土曜日は代診で診療の予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
尿路結石小結石同時切除の再発予防効果.jpg
the New England Journal of Medicine誌に、
2022年8月11日掲載された、
尿路結石の治療についての論文です。

尿路結石症は腎臓から尿管、膀胱、尿道に繋がる尿路に、
カルシウムなどを含む結石が出来る病気です。

腎臓にある小さな結石は通常は無症状ですが、
大きな石が尿管に落ちて詰まると、
激しい痛みの発作が起こります。

こうした発作を起こす結石は治療が必要で、
状況や結石の性質に応じて、
衝撃波により結石を砕いて流してしまう治療や、
内視鏡を挿入して結石を砕いて取り出す治療などが行われます。

内視鏡的な治療の場合、
通常取り出すのは尿管を詰まらせている、
症状の原因となっている結石のみですが、
腎臓にある無症状の小さな結石を、
同時に排石した方が良いのでは、
という意見があります。

ある報告によると、
こうした無症状の小結石を放置することにより、
手術後5年で約半数の事例で結石の発作の再発が起こった、
と指摘されています。

ただ、実際に手術時に小結石を同時に除去すると、
その再発が予防されたとする、
精度の高い臨床データはこれまでに存在していません。

そこで今回の研究ではアメリカの複数施設において、
有症状の尿路結石の患者さんをくじ引きで2つの群に分けると、
一方は原因以外の6ミリ以下の小結石も同時に除去し、
もう一方は原因の結石のみの治療を施行して、
その後平均4.2年の経過観察を行っています。
対象は通常治療群が35名で小結石の治療を追加した治療群が38名です。

その結果、
観察期間中の結石による痛みの発作の再発は、
小結石の治療を行わないと63%に発症したのに対して、
小結石の治療も同時に行うと、
16%の再発に留まっていて、
小結石の治療を同時に行うことにより、
再発率は82%(95%CI:0.07から084)有意に低下していました。
小結石の治療を追加することにより、
当然手術時間は長くなりますが、
そのことによる合併症や有害事象の増加は、
有意には認められませんでした。

このように、
尿路結石の発作を起こしたような患者さんでは、
原因となった結石以外に、
その時点では無症状の小結石の除去も同時に行うことにより、
少なくとも5年程度の予後は確実に良くすることが明らかで、
今後こうした知見をもとにして検証が重ねられ、
それが尿路結石の実際の治療に反映されることを期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(3)  コメント(1) 

成人への解熱治療の有効性とリスクについて [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
解熱剤は悪か?.jpg
British Medical Journal誌に、
2022年7月12日ウェブ掲載された、
発熱に対する治療の有効性とリスクについての論文です。

熱は下げた方が良いのでしょうか、悪いのでしょうか?

これは古くで新しい問題です。

解熱剤で熱を一時的に下げたり、
クーリングと言って冷却材などで身体を直接冷やすことは、
病気により発熱して苦痛を感じている患者さんに対しては、
2000年以上前から一般的に行われている治療です。

勿論熱中症のように、
深部体温の上昇が病気の原因である場合には、
積極的に解熱を図ることが治療としても有効です。

ただ、感染症などで身体が自発的に発熱して、
体温が上昇しているような場合に、
それを下げることが果たして良いことなのかどうか、
というのはまた別の問題です。

熱が出ている状態はつらく、
痛みは苦痛を伴いますから、
一時的にせよ身体を冷やし、
その苦痛を和らげることは、
意味のある治療行為ではあります。

患者さんが楽になることは、
病状の経過に対しても意味のあることだからです。

その一方で熱は身体が自分を守るために、
意味があって出しているのだから、
それを無理に冷やすことは良くない、
という意見があります。

確かに発熱は炎症に伴っていることが多く、
体温が上昇した方が免疫力が高まって、
感染症の予後は良い、というデータもあります。
その一方で高熱は死亡リスクを上昇させ、
予後を悪化させるという報告もあります。

これはおそらくケースバイケースではないかと思われますが、
実際にこれまでに行われた研究は、
その多くが集中治療室の患者さんなど、
特定の特殊なケースで行われているものなので、
より一般的に「熱は下げた方が良いのか?」
というような疑問に、
明確に答えられるような情報を提供してはくれないのです。

今回の研究はこれまでの発熱治療(解熱剤やクーリングを含む)
に対する臨床試験のデータをまとめて解析したメタ解析で、
この問題に対するトータルな検証を行っているものです。

これまでの42の臨床研究に含まれる、
5140人の患者データをまとめて解析したところ、
発熱に対する治療がトータルにみて死亡リスクを低下させたり、
逆に明確に有害な影響をもたらすという根拠は、
確認されませんでした。

つまり、解熱治療をしても、
良い面でも悪い面でも、
病気の予後に影響を与えるという証拠はなかった、
ということになります。

データは条件にばらつきが多く、
その信頼性も総じて高いものではないので、
今回の検証から解熱治療の有効性も有害性も、
完全に否定は出来ませんが、
現状の認識として、
症状が辛い時に解熱剤を適度に使用することは、
個々の判断で行って問題はないように思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0) 

サル痘臨床事例のまとめ(イギリスの疫学データ) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日なので、
診療は午前中で終わり、
午後は訪問診療とレセプトの事務作業の予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
サル痘イギリス論文.jpg
British Medical Journal誌に、
2022年7月28日ウェブ掲載された、
サル痘の事例をまとめた論文です。

日本でも症例が報告され、
世界的な広がりを見せているサル痘ですが、
この論文ではイギリスで遺伝子検査により診断された、
197の事例をまとめて解析しています。

年齢の中間値は38歳で、事例は全て男性、
197例中196例については、
ゲイかバイセクシャルであるか、
男性同士の性交渉の既往が確認されています。

全ての事例で皮膚粘膜病変があり、
最も多いのは性器の病変で56.3%に認められ、
続いて肛門周囲が41.6%と続いています。

86.3%では全身症状を伴っていて、
発熱が61.9%、リンパ節腫脹が57.9%、
筋肉痛が31.5%に認められ、
全身症状は皮膚粘膜病変出現前に見られるものが61.5%で、
皮膚粘膜病変出現後に見られるケースも38.5%で認められています。

事例の35.9%ではHIV感染症が併存しています。

病状はトータルには比較的軽症で、
全体の10.2%に当たる20例が入院していますが、
主に肛門周囲の痛みや陰茎の腫脹が原因となっていました。

元論文には陰茎などの多くの画像が添付されていますが、
かなり刺激の強いものなので、
紹介は控えさせて頂きます。

まだ病態など不明の点の多くサル痘ですが、
今の状況ではクリニックでも、
いつ患者さんに遭遇するか予測は出来ず、
取り敢えず最低限の鑑別は、
可能な状態にしておきたいとは思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

新型コロナウイルス感染症の味覚嗅覚障害の回復率 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
COVID-19の味覚嗅覚障害.jpg
British Medical Journal誌に、
2022年7月27日ウェブ掲載された、
新型コロナウイルス感染症の味覚嗅覚障害について、
その回復率を検証したメタ解析の論文です。

味がしなくなる、匂いが分からない、
というような味覚嗅覚障害は、
通常の感冒においても認められることはありますが、
新型コロナウイルス感染症において、
非常に多く認められることが指摘されています。

ただ、その詳細についてはまだ明らかでない点が多く、
オミクロン株の流行以降は、
味覚嗅覚障害の発症頻度は減っているという報告もあり、
確かに診療においてもそうした印象は持っていますが、
実証された事項ではありません。

今回の研究はこれまでの臨床データをまとめて解析した、
メタ解析によるものですが、
味覚嗅覚障害それぞれの頻度と、
その回復に掛かる時間を検証しています。

18の臨床研究に含まれる3699名の患者情報を解析したところ、
嗅覚障害は感染者の5.6%に、
味覚障害は4.4%に認められました。
その30日後、60日後、90日後、180日後の回復率は、
嗅覚障害が74%、86%、90%、96%で、
味覚障害が79%、88%、90%、98%でした。

どのような患者が回復しづいらいのかを見てみると、
女性、障害の程度が重い場合、鼻閉を伴う場合に、
回復しづらい傾向が認められました。

このように、味覚嗅覚障害の多くは経過と共に回復しますが、
半年経過後も回復が見られないケースもあり、
今後その有効な治療法の開発を含めて、
対応が急務であるように思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(3)  コメント(0) 

ビタミンD補充の骨折予防への有効性 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
ビタミンDの骨折予防効果2022.jpg
the New England Journal of Medicine誌に、
2022年7月28日掲載された、
サプリメントとしてのビタミンDの、
骨折予防効果についての論文です。

ビタミンDはカルシウムの腸管からの吸収を促進し、
骨の代謝にも多くの影響を与えて、
骨の健康には必要不可欠な栄養素です。

その欠乏が骨代謝に悪影響を与えることも分かっています。

そのために、骨折予防などの謳い文句で、
ビタミンDのサプリメントは、
単独もしくはカルシウムなどとの抱き合わせで、
市販もされ多くの人が利用しています。

ただ、サプリメントを使用される方の殆どは、
ビタミンDの高度な欠乏などはない人です。

そうした一般の人がビタミンDを食事以外に摂ることで、
骨折予防などの効果が得られるのでしょうか?

今回の研究はアメリカにおいて、
ビタミンDとオメガ3系脂肪酸の健康効果を調査した、
臨床研究のデータを活用して、
偽薬と比較した、
ビタミンD(1日2000IU)の骨折予防効果を検証しています。

対象はビタミンDの欠乏や骨量の減少、
骨粗鬆症などのない、
50歳以上の男性と55歳以上の女性、トータル25871名です。
中間値で5.3年の観察期間中に、
1991件の骨折が確認されています。
そして、ビタミンDのサプリメントは偽薬と比較して、
トータルな骨折のリスクについても、
個別の部位の骨折のリスクについても、
明確な予防効果を示していませんでした。

これは最近の同種の複数の研究とも一致する結果で、
明確なビタミンDの欠乏のない人では、
ビタミンDのサプリメントを使用しても、
骨折を予防する効果はないと、
もうそう言い切っても誤りではないように思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

2022年07月|2022年08月 |- ブログトップ