SSブログ

「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は祝日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
シン・エヴァンゲリオン.jpg
エヴァンゲリオンの新劇場版の4作目にして完結編が、
今ロードショー公開されています。
155分という長尺ですが、
冒頭のパリ上空の攻防戦から、
ド迫力かつ斬新でシュールな映像美が展開され、
その軟弱至極の幼児性と内向性を容認出来る人には、
まずは納得の展開と映像が待っています。

エヴァンゲリオンには特段の思い入れはないのですが、
昨年の第一回緊急事態宣言の時に、
テレビシリーズとその映画版、
新映画版の3作品を一気見したので、
今回はスムースに内容に入り込むことが出来ました。

以下少しネタばれがあります。
鑑賞予定の方は必ず鑑賞後にお読み下さい。

これね、
妻を失ったマッドサイエンティストが、
妻を甦らせるだけのために、
世界を滅ぼして、
幻想の中で再創造しよう、
という話なんですね。
それを阻止しようとする息子と、
対決するというのが骨子です。

もともとそういう話だったのだと思うのですが、
別の使徒という敵に対して、
父と息子が一緒に戦うという構造で始まったので、
話がややこしくなっています。
それが新劇場版の3作目で父と子が袂を分かち、
そもそもの形に回帰したのではないでしょうか?

今回はラストで人間を捨てた父と息子が、
幻影の世界で一騎打ちで戦うので、
最後に串刺しで終わるというのも定番の趣向ですし、
そこに全てのエヴァンゲリオンと使徒の姿が重なるので、
なるほど、
「さらば、全てのエヴァンゲリオン」というのは、
間違いはないよね、という感じはします。

良くも悪くも非常に精神的に虚弱な世界なので、
あまりその世界観に共感は出来ないのですが、
その映像は圧倒的でかつ前衛的です。
3DCGを駆使していながら、
手描きアニメに、実写、静止画やデッサンと、
目まぐるしくそのタッチは変貌し、
ミニチュアセットの特撮映像を、
そのままアニメ化したような場面まであります。
単純に凝っているというだけではなく、
今のCGアニメーションの枠組みを、
大きく超えて先を目指そう、
というような気概を感じます。

これは大画面でないと、
真価を感じられないと思います。

そんな訳で「祭りの終わり」という悲しさもあるのですが、
スターウォーズのへっぽこ完結編と比べれば、
斬新で先鋭で意欲的な作品で、
凄い映画であることは間違いがありません。

ただ一点、狙いであるのは分かるのですが、
クライマックスで世紀の駄作、
「さよならジュピター」の主題歌が流れたのには、
かなり脱力はしました。
あれはロードショーで見て、
ともかく詰まらなくて恥ずかしかった映画です。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(3)  コメント(3)