SSブログ

「すばらしき世界」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前午後とも石原が外来を担当します。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
すばらしき世界.jpg
西川美和監督の新作は、
佐木隆三さんの「身分帳」を元にして、
人生の大半を刑務所で過ごした初老の元ヤクザが、
今の生きづらい社会で奮闘する様を、
悲喜こもごもに描いた力作です。

これは前半は素晴らしかったですね。
今村昌平監督の映画を観ているみたい。
話自体も「うなぎ」に似ていますしね。
と言うか、まあ同じですね。
意図的なのでしょうが、
昔の骨太日本映画のタッチなんですね。
映像も凝りに凝っていて、
主人公の生い立ちを8ミリっぽい映像で見せるのですが、
物凄いリアルですよね。
最初の音効が入るきっかけもゾクゾクしますし、
主人公が安アパートの部屋からぼんやり外を見ているカット、
奥の家の緑の壁面が素敵でしょ。
ちょっとしたところに、
物凄い拘っていることが分かります。

原作は読んでブログ記事にもしたのですが、
しっかり完結しているという内容ではなくて、
主人公の人生が、
少し前向きになって来たかな、
というところで終わるんですね。

それで終わってもそれはそれで良かったのじゃないかな、
というようには思うのですが、
映画としては確かに弱いですよね。
また、原作は昭和61年が舞台なのですが、
それを映画は2019年にしているんですね。
これはまあ、「身分帳」の主人公を、
現代にタイムスリップしてもらって、
今の社会と格闘してもらう、
という作品であると思うので、
その部分はオリジナルでないとまずいのですね。

それで、映画は途中で、
山田洋次的ハッピーエンドが描かれて、
「これでまさか終わりじゃないよね」
という気分にさせるのですが、
そこからちょっとタッチが変わって、
原作を離れて、
主人公が「現代」に立ち向かい、
ある意味無残に敗北する姿が描かれて、
複雑な余白を残しながら、
主人公の死まで描いて映画は終わります。

西川監督、かなり悩み抜き、
考え抜いたのだろうな、
という気はするのですね。
空気を読まずに、自分の倫理観で、
全てを割り切り暴力も辞さないという主人公が、
自分の意見を最後は押しとどめ、
結局その後には死しか残らないのですね。
どうなのかしら。
ちょっとモヤモヤするラストですよね。
黒澤明監督の後期の映画に出て来る、
ちょっとくどくて中途半端なヒューマニズムと、
同じような欲求不満の感じがありますね。
矢張り迷わず、
スパッと何かを断ち切るようなラストにして欲しかったな、
というように個人的には思いました。

原作はノンフィクション的なフィクションなので、
主人公はその性格を変えることは一切ありませんし、
補足的なエッセイを読んでも、
結局はトラブルを起こして周囲を困らせながら、
そのまま死んでいったようです。
西川監督がそれを変えたかった、という意図は分かるのですが、
作品を観た感想としては、
そのままの方が良かったのに、
とどうしてもそう思ってしまいました。

また、
原作の主人公は、ばりばりの活動家で、
刑務所でも待遇改善の訴訟を起こしたり、
どちらかと言えば保守寄りの過激派なんですね。
ヤクザで活動家というのがあの時代ならではで、
それが彼の倫理観の根っこにあるのですが、
映画は時代を現代にしてしまったので、
その設定自体がなくなってしまい、
主人公の思想的なこだわりが見えにくい、
という欠点はあったように思います。

他にも昭和61年の話を現代にしているので、
主人公の生い立ちの部分とか、
ヤクザの兄貴分に会いに行くところとか、
ちょっと違和感がありますね。
現代でやるには、
綻びと無理があったようにも感じました。
後主人公が心電図を撮る場面があるのですが、
電極を付ける位置が違いますよね。
「ディアドクター」の時も思いましたが、
西川監督は、
あまり医療考証みたいなものには関心がないようです。

そんな訳で西川監督らしい骨太の意欲作で、
非常に面白い映画ですし、
前半だけなら全ての方にお勧めしたい傑作なのですが、
ラストは監督の迷いも感じられ、
少しモヤモヤする気分が残りました。

でも、一見の価値は充分にあります。
お勧めです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(1)