SSブログ

「RED」(三島有紀子監督映画版) [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
RED.jpg
島本理生さんの同題のベストセラーを、
新鋭の三島有紀子さんが監督し、
スタイリッシュな恋愛映画に仕上げています。

これは先に原作を読んでから映画を観ました。

原作はなかなか面白いんですよね。
不倫物で一種の官能小説なのですが、
客観的に見ると何の不満もなさそうな環境であるのに、
それでもどんどん自分を追い込んで、
不倫に走ってしまう主人公の女性の造形が面白く、
ちょっとおかしいなとは思いながらも、
あれよあれよという感じで読めてしまいます。

ただ、これをそのまま映像化しても、
主人公がただの身勝手なだけに思えて、
凡庸になってしまうのではないかと、
映画化には少し危惧を感じるところです。

実際に出来上がった映画は、
台詞を最小限度に減らした、
かなりスタイリッシュな仕上がりで、
ちょっと森田芳光監督の「それから」みたいな感じです。
主人公の生活にもあまりリアルさはなく、
最初に洋館でパーティーをして、
いきなり壁ドンでキスされるとか、
かなり漫画的というのか、
現実離れした世界観で、
原作はもっと現実に密着した描写の積み重ねなので、
正直かなり違和感は感じました。

設定もかなり変わっていて、
映画で良いな、と思う部分はほぼほぼ映画のオリジナルで、
原作の設定が活きている部分は、
かなり間抜けに感じられる、という印象があります。

映画としては主人公2人の逃避行の移動撮影とか、
綺麗ですしなかなかセンスはあると思うのですね。
ただ、正直あまりに中身が乏しいかな、
というようには感じました。

ラストの処理は李相日監督の「悪人」に似ていて、
キャストも同じ妻夫木さんですし、
追い詰められた2人の逃避行と言う点でも、
似通った部分があるのですが、
「悪人」は殺人事件ですから、
もっとドラマは深刻で盛り上がりもあるのですが、
この作品はただの不倫だけで、
それも原作は敢えて凡庸な設定を選んでいるので、
映画になると画面はもったいぶっていて美しいのに、
内容は「どうだかなあ…」というように思ってしまいます。

島本理生さんの作品は、
最近はもっとドラマ性のあるものもあるのですが、
この作品のように、
凡庸な設定を描写で活かすというような作品については、
映画にするのはあまり意味のあることではないな、
というように思いました。

正直あまりお勧めではありませんが、
かなり観る側の立場で印象は変わる映画と思うので、
面白く感じる方もいらっしゃると思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0)