SSブログ

「犬鳴村」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前午後とも石原が外来を担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
犬鳴村.jpg
「呪怨」で新感覚のホラー作家として、
一躍有名になった清水崇監督の新作ホラーに、
こうしたものは結構嫌いではないので足を運びました。

清水監督は、
確かに「呪怨」はオムニバスの構成が面白く、
即物的なおどかし演出も新鮮でした。

ただ、その後ホラー作品には、
「な・なんでこんなに詰まらないの?!」
と絶句するような作品も多くありました。

今回もそのためそれほど期待はせずに見に行きました。

感想としては、
まあ、ボチボチでしたね。

オープニングはスマホの自撮りの映像から始まるので、
如何にもという感じなのですが、
新味はありませんし、
途中で通常の外からのキャメラに切り替わるんですね。
その切り替えもあまりタイミングが良いと思えませんし、
その後も特にショッキングな映像はなく、
思わせぶりなだけで終わってしまいます。

いきなり鉄塔の上から少女が降って来るところなど、
面白いカットもあるのですが、
その後もありがちな場面や描写が続き、
クライマックスは関節をグキグキ鳴らしながら、
女のお化けが襲って来るという、
ジャパニーズホラーでは手垢に塗れた感じの描写なので、
これじゃ今更恐がれないな、
という感じにはなってしまいました。

テーマは「犬神」なんですね。
極めて古典的な日本の土俗のホラーのテーマです。
それを割とそのままやっていて、
ラストは死者が生者を見守っているという、
何か微笑ましい感じになるのも、
ちょっと脱力してしまいました。

そんな訳で見ても5秒くらいで忘れてしまう感じの映画で、
時間潰し以外の目的にはお薦めは出来ないというのが、
正直なところでした。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0)