SSブログ

「リチャード・ジュエル」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
リチャード・ジュエル.jpg
クリント・イーストウッド監督の新作は、
1996年のアトランタ爆弾テロ事件で、
FBIとメディアに犯人と名指しされて冤罪になりかけた、
警備員の実話の映画化です。

イーストウッド監督作は、
最近は毎回実際の事件を扱ったドラマが続き、
上映時間の短い、事実をなぞっただけのような、
薄っぺらな作品もあったのですが、
前作の「運び屋」は、
ユーモアを交えペーソスもある円熟した語り口で、
久しぶりに堪能した思いがありました。

今回の新作はその好調を持続しつつ、
より進化させたという感じもあって、
今年一番と言って良い感銘を受けました。

今年観た映画の中で、
気が早いですが、
「パラサイト」と「リチャード・ジュエル」は、
ほぼ間違いなくベスト5に入れると思います。

かなり手垢の付いた冤罪物なのですが、
主人公で爆弾テロの自作自演を疑われるジュエルが、
非常に複雑な人格として描かれていて、
実際にその時に報道などを見ていれば、
彼が犯人だと信じてしまうだろうな、
と思えるような説得力があります。

まずジュエルという人物を最初にしっかり描き、
弁護士との出逢いも描きながら、
テロ事件に至るという展開がさすがです。

段取りとしても、
かつての勤め先の上司が彼を告発し、
それがプロファイリングと一致したので、
FBIが嫌疑を強めたタイミングで、
捜査官が女性記者にそのことをリークしてしまい、
それが報道されたことで、
FBIも彼が犯人として動かざるを得なくなる、
という流れに説得力があり、
かつての日本の冤罪事件なども思い出してしまいます。

その後の展開は予想通りなのですが、
権力の怖さというのを強く感じますし、
クライマックスの主人公と弁護士の逆襲は、
物語としてはご都合主義にも感じますが、
実話であるという裏付けがあるので、
それほど違和感を感じることなく、
主人公の顛末に素直に共感出来ます。

複雑な人物をリアルに演じた、
ジュエル役のポール・ウォルター・ハウザーと、
弁護士のサム・ロックウェルが良く、
最近のイーストウッド映画としては、
映画的な技術水準も高くて、
素直に良い映画を観た、
という感想を持つことが出来る作品です。

これはもう安心して皆さんにお勧め出来る1本です。

お時間のある方は是非ご覧下さい。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(0)