SSブログ

「FLEE フリー」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
フリー.jpg
2021年のデンマーク・フランスなどの合作映画で、
実在のアフガニスタンから亡命した男性のインタビューを、
アニメに一部実写映像を混ぜるという手法で描いた、
セミ・ドキュメンタリー映画です。

主人公は研究者として成功した青年で、
アフガニスタンに生まれ、
タリバンが政権を取って迫害されたことから、
ロシアに亡命するのですが、
不法滞在者として迫害と差別を受け、
ヨーロッパへの密入国を求めて、
何度も失敗をしながら新天地を目指します。

確かに壮絶な物語で、
実話であるという凄みがありますし、
悪質な密入国業者の手配により、
船に閉じ込められて出国を図る場面などは、
観ているこちらも息が詰まるような思いがします。

幾つか興味深い情報もあって、
ソ連崩壊直後のロシアが出て来るのですが、
経済もどん底で酷い状態なのですね。
それを曲りなりにも改善したのが、
エネルギーと穀物と武器の輸出を積極的に推進したプーチン氏なので、
幾ら経済制裁と言ったところで、
当時と比べれば遥かに良い状況ではある筈で、
それで戦争が終結などとてもしないのだろうな、
と感じましたし、
この映画の主人公は、
難民として受け入れてもらうために、
タリバンに家族を皆殺しにされた、と嘘を言うのですね。
それはそう言わないと送還されてしまうからで、
なるほど、良い意味でも悪い意味でも、
「家族を皆殺しにされた」という難民の発言は、
常に真実とは限らないもので、
実際には複雑な背景を持っているのだな、
と感じました。

ただ、この映画の主人公は結構恵まれてもいるのですね。
家族は父親以外は助かりますし、
アフガニスタンでもタリバン以前の政権に重用される立場で、
かなり良い暮らしをしていた人達なのです。
親族がヨーロッパに定住していて、
その伝手もありお金もある程度あったので、
亡命が可能であったという側面もあります。

それから勿論それが一面の事実ではあるのでしょうが、
アフガニスタンやロシアと比較した時の、
欧米の素晴らしさを単純に賛美しているような側面があって、
これを素直に全て事実として受け取って良いものなのかと、
懐疑的になる部分もあります。

そんな訳で、
不用意に観るにはちょっと危険も感じる映画で、
単純に良かったとか悪かったとかとは言いにくいのですが、
問題作であることは確かで、
興味のある方には鑑賞をお勧めしたいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。